ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

農地整備課の業務紹介

計画調整係

管理計画等計画策定

 各種計画から実施計画へ要望としてまとめるだけでなく、中期的な計画を作成し計画的な事業実施が推進されるよう、受益者・地域住民と協動して取り組みます。

 

団体営基盤整備促進事業

 米穀の生産調整対策を踏まえ、きめ細かい土地基盤の整備を通じ農地の流動化、農地の高度利用等を図ることで、生産性の向上、及び農業経営の安定化を促進します。

 

農業集落排水事業

 農業用用排水の水質保全、農業用用排水施設の機能維持、また農村生活環境の改善等を図るため、農業集落におけるし尿、生活雑排水等の汚水、汚泥を処理する施設を整備し、美しく快適な農村づくりを促進します。さらに可児市の施設においては、発生した汚泥を乾燥処理し肥料として再利用されています。

集落排水処理場

 集落排水処理場(長洞地区)

県単農業農村整備事業

 国庫補助事業の採択基準に満たない小規模の受益地を対象として、土地改良事業を実施します。また、ため池や集落排水処理場等の土地改良施設について、景観や親水等に配慮した整備を行い、快適でうるおいのある農村生活環境の創造を推進しています。

 

農地・農業用施設災害復旧事業

 市町村が実施する集中豪雨や台風などによる農地や農業用施設にかかる災害復旧事業の指導を行います。

災害復旧後

白川町の災害復旧後

農地・水・環境保全向上対策の支援

 農地や農業用水などの資源は、食料の安定供給に不可欠であるとともに、洪水防止や豊かな生態系、景観の形成などの役割を果たしており、全ての人に大切なものです。この大切な資源の保全と資質向上を図る地域共同の取り組みである「農地・水・環境保全向上対策」を支援しています。

活動状況(水路の清掃活動)

白川町の活動状況(水路の清掃活動)

農業農村整備ソフト事業の実施

 地域住民と協動して地域にあった事業の取り組みを行います。

棚田地域水と土保全事業様子

棚田地域水と土保全事業

 棚田ののり面にシバザクラを植える「棚田を守る会」の地元の皆さん
(左記写真・H22年5月16日に実施)

21世紀土地改良区創造運動」への取り組み様子
21世紀土地改良区創造運動」への取り組み

 近年、都市化や混住化の進展により水路の水質悪化が進んでいます。このため、農家や地域住民が一体となった管理体制を確立させるため、清掃活動や地域の子供たちと水路を利用したイベントなどを開催しています。

 

土地改良区等の指導

 土地改良区等における土地改良法による諸手続き及び運営等にかかる指導を行います。

 

広報、住民協働に関すること

 農林事務所における各種施策、事業制度を地域住民の方にPRしながら施策展開、事業展開を行っていきます。

 

農地整備係

県営経営体育成基盤整備事業

 ほ場整備等基礎的な生産基盤が整備された地域において、用水路のパイプライン化による営農と水利用の合理化、老朽化した排水路整備を行うことによる営農労力の節減を図り、あわせて水田の汎用化・優良農地の保全を目的として実施します。

 

事業の目的
  • 老朽化した農業用排水路の整備
  • 用水路のパイプライン化による用水の有効利用と維持管理費の節減
  • 排水路改修による水田の汎用化・野菜栽培農家等への利用集積
用水路の濾水による法面崩落様子
用水路の濾水による法面崩落事例
排水路の老朽化に伴う壁面崩落様子
排水路の老朽化に伴う壁面崩落
用水路の濾水による湛水様子
用水路の濾水による湛水事例
排水路の老朽化に伴う敷き陥没様子
排水路の老朽化に伴う敷き陥没
施工後の状況
  • 用水整備が完了した工区で地元農家の方にアンケート調査を実施したところ、回答者すべてが「パイプライン化により営農が便利になった」と回答しており、その内、半数以上が「水管理が便利になった」と答えています。

施工後の状況1様子
施工後の状況事例(1)

施工後の事例2様子
施工後の状況事例(2)
環境への配慮
  • 用水路においては、管路の道路下埋設及び配水池の新設でなく既存ため池を活用するなど工事面積を抑え、自然環境への負荷を縮減しています。
  • 排水路整備においては、生態系に配慮した区間の創設及びコンクリート三面張りとなる区間にスロープを設け、水路に落下した生物の避難路を設けています。

環境に配慮した用水1様子
環境に配慮した用水事例(1)

環境に配慮した用水2様子
環境に配慮した用水事例(2)
環境に配慮した用水3様子
環境に配慮した用水事例(3)

県営ため池等整備事業

 管内には、464箇所のため池があり、農業用水の確保、洪水調節として、大きな役割を果たしているが、築造されてから長年の年月を経過している。また、かんがい施設の多目的利用が進展していることなどから用水量の確保が必要です。今後、必要な農業用水の絶対量を確保する、ため池の更新を図ることが必要です。平成18年度までに124箇所の整備を行ってきたが、堤体からの漏水、あるいは余裕高の不足、また余水吐への断面不足等、整備が必要なため池が111箇所あり、今後も緊急性の高いため池から計画的に整備を進めます。

可児市笹洞地区ため池様子

可児市笹洞地区ため池

県営一般農道整備事業

 農業の振興を図る地域において、農道網を有機的かつ合理的に整備することにより、高生産性農業を促進し、もって農業の近代化を図り、あわせて農村環境の改善に資する農道整備を実施します。

美濃加茂市牧野地区様子

美濃加茂市牧野地区農道

農村整備係

県営中山間地域農村活性化総合整備事業

 『人と自然が織りなす活力と優しさにあふれた交流の里「加茂北部」』をキャッチフレーズに七宗町、八百津町、白川町、東白川村の4町村が連携し、豊かな自然環境との調和を図りつつ農業用用排水施設、農業集落道、農道などの農業生産基盤及び生活環境基盤を整備し農産物の生産性の向上、生活環境の向上を図るとともに、都市との交流の積極的な推進により地域の活性化を図ります。

白川北活性化施設1様子

可茂北部地区白川北活性化施設竣工式状況

白川北活性化施設2様子

活性化施設活用状況

県営農村環境整備事業(地域環境整備型)

 自然環境や農村景観等の保全に配慮した農村地域の整備を行うことにより、快適で豊かな地域環境を形成し、農村の活性化に資することを目的として本事業を実施します。美濃加茂市西部地区では、今泉池、大池、稲葉池の3箇所を整備していますが、大池では弁財天が祭られており毎年7月末には受益農家だけではなく、地域が一体となった「弁財天祭り」が行われています。

大池弁財天祭り様子

大池弁財天祭り

県単小水力発電防災機能強化事業

 CO2削減や地球温暖化防止の観点、東日本大震災による原発事故の影響などから、自然循環による再生可能エネルギーへの期待が高まっているなか、身近な再生可能エネルギーである小水力発電の活用が求められている。このため、災害時の避難所となる農村活性化施設や道の駅などにおいて、施設付近を流れる農業用水利施設に小水力発電施設を設置し緊急時の非常用電源の確保を図ります。

 伊深小水力発電施設様子伊深小水力発電施設2様子

 天王用水を活用した伊深小水力発電施設(美濃加茂市)

                                

県営ため池防災対策事業(県営・県単)

 多くのため池で土砂が放流ゲート口を塞いでおり、大地震等の緊急時に容易に落水が出来ないため、決壊により下流に二次災害を及ぼす恐れがあり、堆砂を浚渫して放流機能の回復を図り、県民の安全及び県土の健全な発展を図ります。