ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「農業・農村のいろいろな働き(多面的機能)」をPRする子供向け学習教材を制作しました!『ぎふ水土里(みどり)TV』

 県では、水・土・里を美しい姿のまま未来に残し、その大切さを県民の皆様に知っていただく取り組みとして「ぎふ水土里(みどり)※1のプロジェクト」を展開しています。
このたび、将来に渡り引き継ぐべき水土里資源(農業用水や農地など)を題材として、農業・農村のいろいろな働き(多面的機能)を子どもたちに分かりやすく伝えるため、学習教材(映像資料)を制作しました。
映像は県ホームページ内の『ぎふ水土里TV』にて公開しますので是非ご覧ください。

URL:http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo/nogyo/nogyo-noson/c11427/midori-tv.html

 

※1水土里(みどり)とは
私たちの命を支える食べものを作り出すために欠くことのできない「農業用水」や「農地」、農家の人々が暮らす豊かな自然や文化のあふれる「農村」。これらを象徴する「水」「土」「里」を並べて「水土里(みどり)」と呼んでいます。

 

内容

内容

水土里資源が長い歴史の中で築かれた経緯やそれを取り巻く多面的機能について、クイズを交えながら映像で紹介。今回、以下の2タイトルを第1弾として公開。

<制作した2本の教材タイトル>

○約350年の歴史をもつ曽代用水(そだいようすい)(11分17秒)

○県を代表する穀倉地帯<高須輪中(たかすわじゅう)>(12分03秒)

発表資料

記者発表資料(抜粋)(PDF:169KB)

 

 

 

    問い合わせ先

    所属 西濃農林事務所農地整備課
    電話

    0584-73-1111
    内線:331