ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

なかのほう不動の滝直売所

朝市・直売所の紹介・PR

 農産物につきましては、地元恵那産のみの販売です。生産者はなるべく農薬、化学肥料を使わない栽培方法です。学校給食にも提供しています。加工品は、地元の材料を中心に伝統の味を守り続けています。旬の野菜、地元の棚田米を使い、食事・弁当を提供しています。農産物生産・加工・販売のお店です。加工場では地元の豆を使い、みそ作りを始めました。野菜は今年から自園給食(なかのほうこども園)にも食材を提供しています。

 

所在地・住所 恵那市中野方町須里44-1
電話番号 0573-23-2166(FAX0573-23-2166)
開催時間 毎年3月下旬より12月25日まで
開催時間 平日は8:00〜15:00、土・日・祝日は8:30〜16:00
定休日 12月26日〜3月下旬
駐車場 10台
トイレ
飲食施設 お食事処「味菜」という食堂があります
お土産 地元の伝統食、手芸品
その他 別場所にて加工場あり

 

170

 

 

 

 

 

 

 

周辺地図

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






















主な販売品目

ホウレンソウ、ネギ、山菜(ワラビ、コシアブラ、タラ、コゴミ、セリ、ウド)

(山菜が値打ちです。)

 

ナス、ピーマン、トマト、トウモロコシ、タマネギ、ジャガイモ、きゅうり

(スーパーにない珍しい野菜もあります。)

 

カボチャ、サトイモ、サツマイモ、豆類、キノコ、大根、白菜など

(地元で採れる天然キノコが出ます。米は棚田米です。加工品で栗製品が出ます。)

 

ハクサイ、ダイコン、自然薯、ネギ、カブ、ユズ、アピオス、ヤーコン


その他

手作り手芸品、加工品

(冬(1月〜3月)に仕込んだみそが、11月より販売となります。)

 

自慢の逸品

170ホウレンソウ、ハクサイ、ダイコン、カブ、キュウリ

 

 

 

 

 

 

 

自慢の声

170 野菜は安全安心で新鮮な物にこだわっています。加工品は、添加物なしの製品になり、食事処では、主に店頭に出た野菜を使います。

 

 

 

 

 

 

注)当ページの情報は、当該朝市・直売所からの情報を掲載しています。詳細は、上記朝市・直売所の連絡先にお問合せください。