ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ロケ地データベース

歴史の味わい

 

遺跡・古戦場

 

位山巨石群

■くらいやまきょせきぐん

高山市一之宮町位山

天の岩戸をはじめ随所に巨石が出現する神の山

神通川の源であり分水嶺でもある位山は、古くより崇拝の対象として有名。斜面に点在する不思議な巨石群は、天の岩戸をはじめ、古代ロマンをかきたてる。

位山1 位山2

 

堂之上遺跡

■どうのそらいせき

高山市久々野町久々野

43戸の竪穴式住居跡が発掘された縄文時代の集落跡

縄文時代前期から中期の遺跡で、飛騨川を見下ろす標高680mの高地にある。地形の変化をほとんど受けず昔の姿をとどめており、国の指定史跡。出土品や発掘調査記録が資料館で見られる。

堂之上遺跡1 堂之上遺跡2

 

関ケ原古戦場

■せきがはらこせんじょう

関ケ原町関ケ原

天下分け目の戦いの舞台

誰もが知っている天下分け目の戦が繰り広げられた地。そのイメージのとおり、2014(平成26)年には東海テレビ「黄金鯱伝説グランスピアー」で戦いの舞台としてロケが行われた。

関ヶ原笹尾山関ヶ原天満神社