ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ロケ地データベース

モダンテイスト

現代建築

 

養老天命反転地

■ようろうてんめいはんてんち

養老郡養老町高林

すり鉢状の斜面に迷路、地面も建物も傾いた不思議空間

「意外性との遭遇」がコンセプトの体験型庭園。楕円形にくり抜かれた1.8haもの巨大な窪地に大小さまざまな日本列島や凹凸があり、水平な場所は皆無。国際的芸術家・荒川修作氏の現代アート。◆悪天候の場合は閉場◆休/月曜(祝日の場合は翌日)及び年末年始(12/29〜1/3)

養老天命反転地1 養老天命反転地2

 

長良川国際会議場

■ながらがわこくさいかいぎじょう

岐阜市長良福光

安藤忠雄氏設計ユニークな建築デザイン

卵型ドームや屋上庭園のある独特な設計は建築家・安藤忠雄氏によるもの。6ヵ国語同時通訳システムや最新の音響設備を有し、本格的な国際会議にも対応。メインホールは最大1929人収容。

長良川国際会議場1 長良川国際会議場2

 

ソフトピアジャパン

■そふとぴあじゃぱん

大垣市加賀野

斬新。シンボリック。マルチメディアの殿堂

最大7地点との会議が可能なTV会議室、可動床や300インチプロジェクターを備える多目的ホール、音響設備や映像機器が整った大・中会議室が借りられる。池に浮かぶ野外小劇場も個性的。

ソフトピアジャパン1 ソフトピアジャパン2

 

ふれあい福寿会館

■ふれあいふくじゅかいかん

岐阜市薮田南

太陽を反射する昼も、アトリウムが輝く夜も美しい

周囲を映しこみ、ゆるやかな弧を描く外観が現代的。TV会議室を含む1〜4Fの会議室と、眼下に長良川を望む最上階の展望レセプションルーム、半円形の屋外イベント広場などが借用可能。2013(平成25)年のNHK「太陽の罠」では、主人公の勤める会社としてロケが行われた。

ふれあい会館1 ふれあい会館2

 

サラマンカホール

■さらまんかほーる

岐阜市薮田南ふれあい福寿会館内

日本初スペイン様式のパイプオルガンが圧巻

収容人数708人のクラシック音楽専用ホール。形状はシューボックス型で、どの席にいても音響バランスが良い。ルネッサンス調の内装は木材を多用し、暖かみと重厚感を醸し出している。

サラマンカホール1 サラマンカホール2

 

セラミックパークMINO

■せらみっくぱーくみの

多治見市東町

緑に囲まれた文化と産業の複合施設

陶磁器文化発祥の地「東濃」地域において文化振興と産業支援のために構想されており、日本初の試みとして、現代陶芸美術館とメッセ施設からなる、文化と産業の複合施設となっています。

セラミックパーク1 セラミックパーク2

 

飛騨高山美術館

■ひだたかやまびじゅつかん

高山市上岡本町

ガラス芸術や装飾家具を展示MUSEUMウエディングも開催

ルイ・マジョレルやエミール・ガレなどの花器や家具、照明器具が並ぶ私立美術館。ガラスの噴水に愛を誓うチャペル、英国風ガーデンでのウエディングも受付。2階建てロンドンバスが高山駅から運行。◆休/4〜11月は無休、12〜3月は週1日休館日あり

飛騨高山美術館1 飛騨高山美術館2

 

下呂交流会館

■げろこうりゅうかいかん

下呂市森

2010(平成22)年に開館した下呂市の新しい複合施設

泉ホールは木をふんだんに使ったさわやかでぬくもりのあるホール、温(ホット)アリーナはスポーツ、イベント、コンベンションに対応できます。一面ガラス張りの外観が印象的です。

下呂交流会館1 下呂交流会館2