ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

飼育されている家畜などの動物が対象となっているかご確認をお願いします

家畜伝染病の発生やまん延を防ぐため、家畜伝染病予防法で定められた対象となる家畜などの動物を1頭(羽)以上所有する人は、飼養規模に関わらず愛玩動物(ペット)であっても法律で定められたルールを遵守する義務があります。

 

飼育されている家畜などの動物が対象となっているか、改めてご確認をお願いします。

 

【対象動物】

牛、水牛、鹿、めん羊、山羊、馬、豚(ミニ豚、イノブタを含む。)、いのしし、鶏(ウコッケイ、チャボを含む。)、ほろほろ鳥、七面鳥、

うずら(ヨーロッパウズラ)、あひる(マガモ、ガチョウ、アイガモ、フランスガモ等)、きじ(ヤマドリ)だちょう(エミュー)

 

 

詳細については、下記のページをご覧ください。

「家畜やペットなどの動物を飼養している方へ」のページへ