ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

県民の皆さんへ(高病原性鳥インフルエンザについてのお願い)

  • 鶏卵、鶏肉は「安全」です。

○高病原性鳥インフルエンザが発生した場合、鶏や鶏卵の出荷制限等の措置が迅速に行われます。

○我が国では、これまで家きん肉及び家きん卵を食べることにより、鳥インフルエンザウイルスが人に感染した事例は報告されていません。

○また、「ヒトの細胞に入り込むための受容体が鳥のものとは異なること」、「酸に弱く、胃酸で不活化されると考えられること」から、

鶏卵・鶏肉を食べることよる感染の可能性はないものと考えられています。

 

  • 国内で鳥インフルエンザが発生したからといって、直ちに家庭等で飼っている鳥が感染するということはありません。飼っている鳥を野山に放したり、処分をするようなことはしないで下さい。

飼っている鳥が野鳥などと接触しないように気を付けていただくとともに、飲み水や餌についても野鳥の糞などで汚染されないよう清潔に管理してください。

 

  • 鳥は生き物ですから、いつかは死んでしまいます。そして、その原因も様々ですから、鳥が死んだからといって直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。原因がわからないまま、鳥が次々に死んでしまうということがない限り、鳥インフルエンザを心配する必要はありません。

 

  • 死んだ鳥は素手で触らないようにしましょう。これは、鳥が持っているかもしれないウイルスや細菌、寄生虫から自分の身を守るためです。

 

  • 無意識のうちにウイルスなどの病原体を運んでしまうことを予防するため、許可無く家畜のいる農場に立ち入ったり、家畜に触れたりすることが無いようにしてください。

 

 

詳細情報

国民の皆様へ(農林水産省:外部サイト) 

鶏卵・鶏肉に関する食品安全委員会の考え方(PDF:128kb)