ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

刑事部門の紹介

刑事部門の紹介タイトル画像

 

刑事部門では、殺人等の凶悪犯罪、汚職等の知能犯罪、暴力団や銃器・薬物犯罪等の組織犯罪といった事件の最前線で戦っています。ひとたび事件が発生すると、迅速に駆けつけ、犯人を逮捕するための捜査を行います。また、犯罪多発地域の重点的な警戒を行い、不審者・不審車両の発見に努め、犯罪の未然防止につながる活動をしています。

 

 

刑事部門の本部各課の紹介

各課名をクリックすると、その課のページに移動します。

 

○刑事部刑事総務課

 

刑事総務課では、次の仕事を担当しています。

●刑事指導室(刑事部門全般の指導・教養)

●犯罪統計係(犯罪統計の分析等)

●刑事特捜室(警察署への捜査支援及び後継者の育成)

●捜査支援室(犯罪情報の分析による捜査の支援)

 

 

○刑事部捜査第一課

 

捜査第一課では、次の仕事を担当しています。

●強行犯係(殺人、強盗等の凶悪事件捜査)

●長期未解決事件捜査係(長期未解決凶悪事件捜査)

●特殊犯係(誘拐、放火事件等の捜査)

●検視係(検視及び死体見分等)

●性犯罪捜査係(強姦事件などの性犯罪捜査、被害者対策等)

●捜査支援係(犯罪捜査の分析等)

 

 

○刑事部捜査第二課

 

捜査第二課では、次の仕事を担当しています。

●政治家や公務員が賄賂(金品等)を受け取り、一部の者に便宜を図る汚職事件

●選挙の公正を害する選挙違反事件

●財産を害する詐欺・横領事件

●金融機関や会社の役員による不正融資・背任等の企業犯罪

●通貨や文書の信用性を害する偽造犯罪

 

 

○刑事部捜査第三課

 

捜査第三課では、次の仕事を担当しています。

●盗犯特捜(窃盗事件に関する捜査)

●捜査支援(窃盗事件に関する情報分析)

●盗品捜査(窃盗事件の盗品(被害品)に関する捜査)

 

 

○刑事部組織犯罪対策課

 

組織犯罪対策課では、次の仕事を担当しています。

●暴力団対策(県下の各警察署と連携した暴力団犯罪の徹底した取締り、暴力団排除活動及び暴力団被害者対策等)

●薬物犯罪の取締り(薬物乱用者の取締り、薬物密売組織の解明、薬物犯罪組織の壊滅に向けた徹底した取締り等)

●銃器犯罪の取締り(犯罪組織の壊滅に向けた拳銃等武器の摘発等)

 

 

○刑事部国際捜査課

 

国際捜査課では、次の仕事を担当しています。

●外国人により行われる犯罪又は外国人が被害者である犯罪の捜査

●国外犯及び国外逃亡被疑者の捜査

●国外における捜査を必要とする国内犯の捜査

●国際捜査共助

●通訳業務

 

 

○刑事部鑑識課

 

鑑識課では、次の仕事を担当しています。

●現場鑑識活動

●警察犬の運用

●捜査用似顔絵

●身元不明死体

●犯罪経歴証明書の発給

●指紋、足痕跡の鑑定

●現場写真

 

 

○刑事部機動捜査隊

 

機動捜査隊では、次の仕事を担当しています。

●岐阜県下において、機動力を発揮した早期の犯人検挙

●重要な事件が発生した場合、犯人を現行犯的に検挙

●窃盗事件等の多発地域において、検索・職務質問等を行い犯人を検挙

 

 

○刑事部科学捜査研究所(主に警察事務職員(技術職員)が勤務しています。)

 

科学捜査研究所では、次の仕事を担当しています。

●法医学を応用した鑑定及び研究

●化学を応用した鑑定及び研究

●物理学、工学を応用した鑑定及び研究

●筆跡、印影及び不明文字の鑑定及び研究

●ポリグラフ検査及び犯罪心理に関する鑑定及び研究

 

 

活動写真

 

捜査会議

捜査会議風景

 

鑑識活動

鑑識活動風景

 

職務質問

職務質問風景

 

被疑者逮捕被疑者逮捕風景

 

無線報告

無線報告風景

 

被疑者取調べ

被疑者取調べ風景

 

 

 

警察官からのコメント

 

男性警察官

(機動捜査隊)

仕事内容を教えてください。

捜査用車に乗車し、張り込み捜査や警ら活動を行っています。重要事件等が発生した時は、現場に急行し、犯人検挙や犯人に結び付く証拠品の押収等を行っています。

警察学校(採用時教養)の思い出は?

警察学校時代は楽しい思い出しかありません。それまでの生活とは異なり、規律を意識する毎日でしたが、同期生と共に6か月(大卒区分)という短い期間ながらも充実した時間を過ごすことができました。辛かったことはありません。

女性警察官

(警察署鑑識係)

仕事内容を教えてください。

警察署の鑑識係で勤務しています。主に、現場で指紋・足跡・DNA等の資料を採取し、捜査の手掛かりとなる証拠を集めたり、犯行状況を明らかにしていく仕事を担当しています。鑑識係は、人と接するというよりは、物から資料や情報を得る仕事です。非常に繊細な作業が多く、技術や知識が必要な仕事ですが、鑑識活動で犯人につながる資料が採取できた時は非常にやりがいを感じます。

警察学校(採用時教養)の思い出は?

警察学校では、寮生活をしながら警察官となるための勉強や訓練等をします。最初の1か月は慣れない集団生活に加え、一から警察官の基礎を身に付けなければならないため大変でした。しかし、それと同時に、その大変な警察学校生活を一緒に過ごす同期生との自由時間が非常に楽しかったです。同期生とは、プライベートな話や将来のことなど何でも話せます。10か月間(高卒区分)一緒に寮生活をしてきましたので、家族のような存在です。

男性警察官

(捜査第三課)

仕事内容を教えてください。

窃盗犯事件の捜査並びに盗品を発見し、窃盗犯人の検挙につなげる業務を担当しています。犯人を捕まえた時、自宅に侵入された被害者の方から、「これで安心して寝られます。」と感謝された時は、やりがいが身に染みて心のエネルギーになりました。

警察官を目指している方へのアドバイス

被害者の痛みや苦しみに直接触れる警察官という仕事に大きな誇りを持っています。誇りを持って仕事をすることは、強いモチベーションに繋がります。岐阜県の安全を皆さんと一緒に守っていける日を楽しみにしています。

男性警察官

(国際捜査課)

仕事内容を教えてください。

外国人が関わる事件を取り扱う係で、ポルトガル語とスペイン語の通訳員をしています。外国語は警察官になってから覚えましたが、担当した外国人被疑者が「最初はどうなるのか不安で嘘をついていたが、母国語で直接話しているうちに安心して正直に話すことにした。」と言って容疑を認めた時は、刑事として、また通訳として二重の喜びを感じました。

感謝の声をもらった事例は?

外国人からの相談を受けた時に「日本人は外国人に対して冷たいイメージがあったが、日本の警察は自分たちの国の警察と比べても優しく丁寧に説明してくれる。日本が好きになりました。」と感謝の言葉をかけてくれた時には、嬉しく思いました。

 

 

 

 

各ページへのリンク表です。クリックするとそのページに移動します。

 

岐阜県警察紹介メインページ 警察学校(警察官)紹介ページ 警察学校(事務職員)紹介ページ
地域部門紹介ページ 生活安全部門紹介ページ 交通部門紹介ページ
警備部門紹介ページ 事務職員紹介ページ 各種クラブ活動紹介ページ
岐阜県警察各所属紹介ページ 女性の活躍、仕事と家庭の両立支援制度 岐阜県警察福利厚生紹介ページ

 

 

採用メインページ 採用試験案内ページ 採用説明会情報ページ
YouTube動画リンクページ Twitterリンクページ 岐阜県警察Q&Aページ