ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

新型コロナウイルス対策訓練実施

山県警察署では、令和2年4月27日に新型コロナウイルス感染症対策訓練を実施しました。訓練には半数以上の署員が参加しての臨時詰所設営、タイベックスーツ着脱、感染の疑いがある死者の取扱い訓練を実施しました。訓練に参加した署員は、想定訓練を経て具体的な対応方法が修得出来ました。

また、この訓練はメディアの関心も高く、多くのテレビ局や新聞社が取材に訪れ、ニュースや新聞等でその様子が報道されました。

 

写真1

臨時詰所(エアテント)の設営訓練1

 

写真2

臨時詰所(エアテント)の設営訓練2

 

写真7

タイベックスーツの着用訓練

 

写真

感染の疑いがある死者の取扱い1

 

写真6

感染の疑いがある死者の取扱い2

 

写真5

報道機関からインタビューを受ける森署長