ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年年末の交通安全県民運動

実施期間

平成30年12月11日(火)から12月20日(木)

スローガン

無事故で年末笑顔で年始

運動の重点

1夕暮れ時と夜間(特に魔の時間帯午後4から午後8時)における交通事故防止

2飲酒運転の根絶

3全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

1夕暮れ時と夜間(特に魔の時間帯午後4時から午後8時)における交通事故防止

12月は・1年のうちで交通事故による死傷者が最も多い!特に歩行中・自転車乗用中の被害が増加!

 ・交通事故の発生が「魔の時間帯」に集中!(3割強)

 

トワイライト・オン(早めのライト点灯)キャンペーンとの同時啓発の推進

・車両は、夕暮れ時は早めのライト点灯をしましょう。

・車・バイクのライトはハイビームが基本です。

・対向車や前車、歩行者・自転車がいる場合は、こまめにハイビーム・ロービームを切り替えて使用しましょう。

 ライト点灯時間の目安

 12月中・・・午後4時頃

 

歩行者・自転車利用者の反射材用品等着用の推進

・夕暮れ時や夜間は、運転者に自分の存在を早く知らせるよう、明るい色の服装と反射材用品を着用しましょう。

自転車利用者に対する交通ルール遵守と交通マナー向上に向け啓発の推進

・学校、地域、職場などで「自転車安全利用五原則」を周知し、交通ルール・マナーの向上に努めましょう。

・自転車側が、加害者となる事故も発生している現状を理解し、損害賠償責任保険等に加入しましょう。

 

 自転車安全利用五原則

1自転車は、車道が原則、歩道は例外

2車道は左側を通行

3歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4安全ルールを守る

 ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

 ・夜間はライトを点灯

 ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5子供はヘルメットを着用

2飲酒運転の根絶

・飲酒運転は「悪質犯罪」3種類の責任を負います。

 刑事上の責任・・・懲役又は罰金

 行政上の責任・・・免許取消し(又は免許停止)

 民事上の責任・・・高額な賠償金

 ※運転者本人だけでなく、同乗者や車を貸した者、酒類を提供した者等も罰金対象となります!

 

・約束1・・・お酒を飲んだら運転しない「しない」

・約束2・・・運転する人にはお酒を飲ませない「させない」

・約束3・・・お酒を飲んだ人には運転させない「許さない」

 

 社会全体で飲酒運転を許さない環境づくり

 社会全体で飲酒運転を1しない2させない3許さない環境づくり

 1家庭では二日酔いの確認

 2職場では飲酒後の帰宅手段の確認

 3飲食店ではハンドルキーパーの確認

 

3全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 後部座席を含めた全ての座席におけるシートベルト等の着用義務の周知徹底

・後部座席でもシートベルトを着用し、幼児にはチャイルドシートを使用しましょう。

 シートベルト等着用の必要性と効果に関する理解の促進

 平成30年9月末の死亡事故におけるシートベルト非着用者は約4割(28人中11人が非着用)

 非着用の危険性

・車内で全身を強打する可能性

・車外に放り出される可能性

・前席の人が被害を受ける可能性

 

 命を守るチャイルドシート

・「抱っこ」では子供の命は守れません!