ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和元年度第2回関警察署協議会の開催

開催日時

令和元年9月11日(水)午後1時00分から午後5時10分まで

開催場所

・岐阜県警察本部

・関警察署3階会議室

出席者

・協議会委員9名

・関警察署長以下8名

協議会次第

1.岐阜県警察本部見学

(1)通信指令室見学

(2)本部庁舎2階装備施設(信号機、各制服、白バイ)

kyogi1kyogi2

2.検討会(関警察署3階会議室)

kyogi3

(1)署長あいさつ

(2)第1回関警察署協議会提言事項の回答

 【質問】地域住民と交番や駐在所の方々との意見交換の場を設けていただきたいのですが。

 【回答】関署では、年4回、交番・駐在所ごとに交番・駐在所連絡協議会を開催しており、今回ご案

 内したところ、多数の協議会の方にご出席いただき、意見交換をしていただきました。

 今後もご出席していただき、地域の課題、問題などについて、引き続き、情報提供、意見交換など

 をお願いします。

(3)関警察署の当面の課題

 〇少年非行の概況と非行防止対策

 〇交通死亡事故概要と問題点に対する対策

(4)討議

(5)次回の開催予定

(6)閉会

討議内容

【質問】駐在所が不在のとき、駐在所員に直接連絡したい場合はどうすればよろしいですか。

【回答】原則、駐在所が不在の場合、緊急事案に対応できるように、転送された関警察署で集中的に電話を受理しています。緊急でない場合など、直接駐在所員にお伝えしたい場合には、折り返し駐在所員から連絡させていただきます。

【質問】駐在所員は24時間市民の要望に対応可能でしょうか。

【回答】原則、駐在所に待機している場合は対応可能ですが、休日や関警察署での当直などで、不在の時もあります。その場合は、関警察署全体で組織的に対応しています。

【質問】補導された少年は、どのように取り扱われますか。

【回答】補導した少年は、個々の少年の特性を理解しつつ、健全育成の精神で対応しています。具体的には、補導した少年に必要な注意、助言を行うとともに、必要に応じて、保護者、学校などに補導した事実を連絡し、必要な監護や指導上の措置を促しています。

【質問】少年の非行は、虐待等家庭環境が原因で増えていると新聞などで取り上げられていますが、少年らは家に帰りたくないという理由もあると思いますがいかがですか。

【回答】児童虐待などの家庭環境の問題に端を発した少年非行もいくつか確認しております。

少年非行については、様々な要因がありますので、警察だけでなく、保護者、地域、学校、自治体、子供相談センターなどと十分連携して、問題の解決に向けた対応をしています。

【質問】深夜に大声を上げて町内で問題となっている家など、110番をするまでもないが、情報を伝えたい場合はどうすればいいですか。

【回答】緊急性を要しない場合は、最寄りの警察や交番、♯9110などで情報提供や相談に応じています。

しかし、単なる家族のトラブルにあっても、将来的に殺人未遂事件に発展する場合もあり、こうした事前の相談によって、未然に防ぐことができる場合もあるので、遠慮なくご連絡、ご相談下さい。