ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ソフトボールで心の交流3

 関警察署では、令和元年12月15日(日)「松原グラウンド」において、管内の少年らとソフトボールをして汗を流しました。

 本年度3回目の活動は、テレビドラマ「ROOKIES」さながら、「ROOSEKI」と銘打ち、当署員との関わりの深い少年ら14名と真剣勝負をしました。

 

 当初、調子に乗ったりふざけたりする姿も見られた少年たちでしたが、警察官らの真剣なプレー、大きな声援の前に、次第に目の色は変わっていきました。

 アウトの判定に猛抗議するなど、熱戦の結果は、少年チームの圧勝でした。

 

 ルールを遵守し、一生懸命やれば認めてもらえることや、結果が出ることをスポーツを通じて感じてもらえたのではないかと思います。

 

 全員でグラウンド整備とゴミ拾いをしたところ、「楽しかった」との感想が聞かれました。

 

 今後も勧善懲悪の姿勢で、「剛」と「柔」を取り入れた少年の非行防止、健全育成を実施していきます。

 

集合写真 ソフトボールの写真1

ソフトボールの写真2