ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

ソフトボールで心の交流

 関警察署では、令和元年9月28日(土)秋晴れの「鮎の瀬グラウンド」において、管内の少年らとソフトボールをして汗を流しました。

 普段はキリっとした警察官も、子ども達相手に笑顔があふれ、「シマって行こうぜー」「オー」と、気合が入っていました。

 ホームラン競争なども行い、参加した子ども達からは「楽しかった」「打ちたかった」「次はいつですか」等の声が聞かれました。

 楽しい中にも、ルールを守ることや相手を思いやる心、切磋琢磨することを体感できたと思います。

 今後も、様々な活動を通じて青少年の健全育成に資する活動をしていきます。

 

試合開始の模様 ソフトボールの風景1ソフトボールの風景2