ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

交通関所の開設

 秋の全国交通安全運動にかかる啓発活動の一環として、9月24日、関市文化会館駐車場内にて交通関所を開設しました。

 関所では、自動車の運転手に対して、交通安全のチラシや交通安全グッズを配布し、交通安全の重点である

 〇子供と高齢者の安全な通行の確保

 〇高齢運転者の交通事故防止

 〇夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止

 〇全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 〇飲酒運転の根絶

を呼び掛けました。

 啓発活動には、関市長、中濃県事務所長、関警察署長のほか、甲冑を身にまとった「美濃国関孫六隊」6名が加わりチラシ等を配布しました。

 啓発活動の前には「美濃国関孫六隊」の隊長が「敵は本能寺ならぬ交通事故、交通事故を絶ち切る。」などと叫んだ後、集まった参加者とともに「エイエイオー」と勝ちどきを上げ、交通安全に向けた士気を高めました。

 チラシを受け取った運転手からは「これから夕暮れが早くなるので、早めにライトを点けて交通事故防止に努めたい。」等の声が聞かれました。

秋交通関所1 秋交通関所2