ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

交通関所の開催(7月11日)

 夏の交通安全県民運動の啓発活動の一環として、7月11日、関市文化会館駐車場内にて交通関所を開設しました。

 関所では、自動車の運転手に対して、交通安全のチラシや交通安全うちわ等の啓発グッズを配布して、安全運動の重点である

 〇子供と高齢者の交通事故防止

 〇横断歩道における歩行者最優先の徹底

 〇全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 〇飲酒運転の根絶

を呼び掛けました。

 啓発活動には、中濃県事務所長、関警察署長のほか、浴衣姿のせき親善大使2名が啓発活動に加わりチラシ等を配布しました。

 天候は雨天であるにも関わらず、多くの運転手が車を止めてチラシや反射材を受け取っていただけました。

 チラシを受け取った運転手からは「横断歩道の手前で人が待っている時は、必ず停止したいと思います。」等の声が聞かれました。

 

 交通関所夏2交通関所夏3