ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

安桜地区高齢者交通安全大学校1月講義の開催

 令和2年1月22日(水)、関市倉知ふれあいセンターにて安桜地区高齢者大学校の1月講義を開講しました。

 講義には、高齢者33名が参加して、岐阜県警察交通安全教育班によるCRT運転適性検査とクイックシリーズによる反射速度測定等を行いました。

 CRT運転適性検査とは、模擬運転装置でアクセルペダルの反応速度や正確さ、ハンドル操作の正確さなどを検査するもので、参加者の一部が体験しました。

 クイックシリーズのクイックアームは、光るランプをモグラ叩きの要領で素早く叩き俊敏さを測定し、クイックキャッチは、落ちてくる光を素早く掴んで俊敏性を測定します。

 また、物忘れ相談プログラムといった認知機能状況を簡易に検査できる機材も体験していただきました。

 参加者からは「自分が思っている以上に反射速度が鈍っているのが分かりました。これから運転する時は、より慎重な運転に心掛けたい。」などの声が聞かれました。

gazo gazo2