ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

『令和元年関・美濃安全・安心大作戦』出発式~上半期の犯罪情勢を踏まえ、決意を新たに出発式を開催~

 関警察署は、8月1日(木)ニセ電話詐欺やDV、児童虐待などの被害が多発する上半期の犯罪情勢を踏まえ、署員一同、治安回復に向けた新たな決意と団結を図るため、本年2回目となる「令和元年関・美濃安全・安心大作戦」の出発式を行いました。

 出発式には、関警察署員のほか、自動車警ら隊、機動捜査隊、交通機動隊の計33人と車両15台が参加し、関警察署長からは

 「深夜の時間帯の少年い集、暴走バイクの通報など、少年が非行に走り、また犯罪に巻き込まれたりと将来を担う少年の先行きが心配である。我々警察は、関・美濃の住民の安全を守る責任がある。こうした現状をよく認識し、署員はパソコンに向き合う時間を極力減らし、外へ出て、住民に警察官の姿を見せ、犯罪多発地域のパトロール強化、不審者に対する声掛け、少年の声掛け等による非行防止などに努め、関・美濃の住民が安心して生活出来る様に努めていただきたい。」

との訓示があり、署員らは決意を新たに「安全で安心なまちづくり」を目指し、下半期に向けて全力で取り組んでいくことを誓いました。

anzen1 anzen2 anzen3 

anzen4