ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

水都通信【平成30年】

岐阜県警察官友の会西濃支部の皆様が歳末激励のため来訪されました【12月4日】

 

 平素から警察活動にご理解とご協力を頂いている岐阜県警察官友の会西濃支部の上田支部長様、服部事務局長様、岩田総務企画課長様が来訪され

 

ました。

 

上田支部長様からは歳末の激励の他、激励品(シャープペン付2色ボールペン)まで頂き、署員一同感謝するとともに、年末に向け犯罪や事故を発

 

生させないという気持ちをより一層強く持つことができ、各種警察活動を行いう上で大変大きな励みとなりました。

 

 

上田元久支部長と大垣警察署長

 

 

 

各種イベントに参加し広報活動を実施しました【12月1・2日】

 

 大垣警察署は12月1,2日に開催された『JAにしみの農業祭』及び12月2日に開催された『大垣ハツラツ市』に広報活動のため参加しました。各

 

開催日は晴天に恵まれ多数の来場者がある中、警察ブースではパトカーやミニ白バイの展示、子ども用制服の貸出しの他、交通事故防止のため反射

 

材の配布、年末の地域安全運動や被害者支援活動の広報などを実施しました。

 

 

農業祭での広報活動の様子 ハツラツ市の様子

 

 

 

安井小学校2年生児童に対する課外事業を実施しました【11月26日】

 

 11月26日、安井小学校の2年2組児童31名が生活科の学習の一環で大垣警察署を訪れました。働く人々とふれあい、体験することで学習意識

 

 の高揚を促すという目的のもと、

 

 ・警察官の仕事

 ・警察官の装備品(パトカーの装備品含む)

 ・交通安全や地域安全

 ・刺股など装備品の使い方

 ・働く人の思い(警察官からのお願)

 

等について話をし、各種体験をしてもらいました。

 

児童からは、

 

「この道具はどうやって使うの?」

 「警察官になるにはどうしたらいいの?」

 

等、積極的に質問が飛び交い、私達も楽しい時間を過ごすことができました。

 

将来この中から、警察官を目指す児童がたくさん出てきてくれたらうれしく思います。

 

 

 

警察官による仕事の説明 パトカーの見学

 

安八町ふれあい祭りに参加し広報を実施しました【10月28日】

 

 平成30年10月28日(祭り自体は27日、28日開催)安八ふれあい祭りに参加させていただきました。岐阜県警察音楽隊の演奏の他、大垣警察署

 

 においては被害者支援事業や交通安全、振り込め詐欺、岐阜県安全安心メール登録等に関する広報を実施しました。当日は晴天に恵まれ、子

 

ども用の制帽や当署が作成した模擬警棒などを身に付けパトカーの前で記念撮影も実施し、警察ブースは大いににぎわいました。

 

 

パトカーと記念撮影 被害者支援に関する広報

 

 

「おおがき未来フェスティバル」に参加しました【10月20・21日】

 

 大垣市制100周年記念事業の一環である「おおがき未来フェスティバル」に参加しました。警察ブースでは交通事故の疑似体験ができるVR装置

 

を使用した交通安全啓発活動やニセ電話詐欺防止の広報を実施した他、ミニ白バイやパトカーの展示、子供用の制帽・手作りの警棒・警察手帳など

 

を用意し、ちびっ子たちに『なりきり警察官』体験をしてもらいました。

 

 このイベントが将来警察官を目指すきっかけになってくれたらうれしく思います。

 

 

会場の様子 VR装置による交通事故疑似体験

 

 

「キッズワークエキスポinおおがき」に参加しました。(9月1,2日)

 

 小学生が様々な仕事を体験する「キッズワークエキスポinおおがき」に参加しました。

 

 同イベントは大垣市制100周年記念の市民提案事業の一環で、想定事件に基づき、子どもたちが警察官となり、被害届の受理、証拠品からの指紋

 

採取、容疑者の確保、取調べ、逮捕までの一連の流れを体験してもらいました。

 

ちびっ子警察官たちは、聴取役、鑑識係役などに分かれ、警察官にヒントを得ながら着々と捜査を進め、見事犯人を検挙し「将来は警察官になり

 

たい!」という声も多く聞かれました。

 

 

鑑識活動中の様子  取り調べ中の様子

 

 

 

西濃地区公務員合同説明会を実施しました【7月9日・7月21日】

 

 西濃地区の公務所(自衛隊、大垣市役所、消防、警察など)が集い合同説明会を実施しました。会場には高校生や大学生、専門学校生の方が

 

 多数来場され、来春卒業予定者の他、高校2年生や大学3年生の姿も多くみられました。

 

 来場者の中から強く優しい警察官が多数生まれることを願っています。

 

 

 警察の業務について説明

 

 

農業体験による少年の居場所づくり活動【大安DASH村】(5月27日)

 

 大安地区少年警察ボランティア協議会及び大垣警察署では、地域の子どもを対象とした農業体験活動などを実施しています。

 

地域の大人たちとともに汗を流し、自然や地域社会とふれあう中で心身を豊かに育てるものです。

 

今年度も、5月27日に開村式と苗植えを行いました。

 

 

 大安DASH村イベントの様子(872KB)

 

 

 

MST(マナーズ・スピリット・ティーチャー)大学生によるボランティア活動について

 

 MST(マナーズ・スピリット・ティーチャー:大学生によるボランティア活動)は、地域の大人と高校生、中学生の橋渡し的な役割を担いながら、

 

少年の健全育成・非行防止活動等を実施しています。

 

 

 MSTの各種活動(288KB)

 

 

大垣市制100周年記念イベントに参加しました【5月3,4,5日】

 

 大垣警察署は広報活動の一環として、大垣市制100周年記念イベントである『ロボカップジャパンオープン2018おおがき』に参加しました。

 

 同イベントが開催された3日間は、多数の来場者があり、警察ブースにもたくさんの家族連れやちびっこが集まってくれました。

 

 

   イベントの様子

 

 

 

割田交番開所式を行いました【4月7日】

 

 旧船町交番と旧入方駐在所を統合し、新設された割田交番が運用を開始したことに伴い、4月6日に割田交番の

 

開所式を実施しました。

 

 同式典において、割田交番長が

 

 「管内の皆様の安心、安全を守る拠点交番として邁進していきます。」

 

と決意表明をし、割田交番の歴史がスタートしました。

 

 式典後、割田交番管内の新一年生を対象とした交通安全教室を合わせて実施しました。

 

 

  割田交番 新設された割田交番

 

  開所式の様子 交通安全教室の様子

 

 

県下初の環状交差点(ラウンドアバウト)が供用を開始しました【3月24日】

 

 県下初の環状交差点(ラウンドアバウト)が供用を開始しました。場所は、3月24日に開通した安八スマートインターチェンジから東に

 

約200mの位置で、

 

 ・災害等により停電が発生した場合でも影響を受けない

 

 ・通過車両の速度が落ちるため速度に起因する重大事故が起きにくい

 

 ・十字交差点で発生するような右直事故が防げる

 

 ・信号待ち時間がなく環境にも優しい

 

などの利点があります。

 

ラウンドアバウトを走行する場合は、

 

 ・環道を走っている車が優先

 

 ・環道へ入る際、安全確認をして徐行で進入(ウインカーは必要なし)

 

・環道は時計回りの一方通行(反対回り、駐車・停車、バックはできません)

 

 ・横断歩行者がいる場合は、歩行者が優先

 

・出ようとする一つ手前の出口の横を通過したとき、左側にウインカーを出す

 

といった事項を守り走行してください。

 

 

環状交差点 環状交差点を走行中するパトカー

 

大垣消防組合と合同で広報活動を実施しました【3月7日】

 

 大垣警察署では、他の機関とタイアップして広く広報活動を実施していこうと『どんどんコラボ』という企画を立ち上げました。

 

 その第一弾として、大垣消防組合のみなさんと火災、交通事故、ニセ電話詐欺の予防、抑止に関する広報活動を実施しました。

 

 

 

   広報活動中の様子 広報活動中の様子(車両に声掛け中)

 

 

 

児童・生徒への安心安全健全育成活動【3月5日】

 

 大垣警察署では、児童・生徒に対し、薬物乱用防止、情報モラル、万引き防止の各種講話、連れ去り防止教室、並びに教職員に対する

 

刺股を使用した防犯指導などを実施しています。

 

 

 児童・生徒への安全安心健全育成活動(258KB)

 

 

 

大安地区少年警察ボランティア・MST(大学生ボランティア)の活動紹介【3月5日】

 

 下記の別添ファイルにて、大安地区少年警察ボランティア・MST(大学生ボランティア)の活動を紹介しています。

 

 

 MST(大学生ボランティア)活動(458KB)

 

大安地区少年警察ボランティアの活動(258KB)

 

 

 

 

平成29年中の農業体験による少年の居場所づくり活動(大安DASH村)について【3月5日】

 

 大安地区少年警察ボランティア協議会及び大垣警察署では、地域の子供たちを対象とした農業体験活動などを実施しています。

 

 地域の大人たちとともに汗を流し、自然や地域社会とふれあう中で心身を豊かに育てることを目的とした活動です。

 

 昨年の大安DASH村の活動をまとめました。

 

 

 昨年中の大安DASH村の活動(929KB)

 

 

 

西美濃農業協同組合様から交通安全用品の寄贈を受けました【2月22日】

 

 交通安全に対し高い意識を持っておられる西美濃農業協同組合様から、ドライバーはもちろんのこと、広く道路利用者に対して啓発しやすいよう、

 

更には、自転車利用者に対し大切な頭部を守るヘルメットの着用推進という理由から、交通安全啓発のぼり旗、自転車用ヘルメット(一見して帽子を

 

かぶっているように見えるタイプ)の寄贈を受けました。

 

 なお、寄贈を受けたのは大垣・海津・養老・垂井の西濃地区4警察署です。

 

 

 

 寄贈式後の記念撮影帽子型ヘルメット

 

 

人命救助に対する感謝状の贈呈【2月9日】

 

 当署管内で発生した交通事故の影響で水没した自動車内から、警察官と協力し運転手男性を救助した功労で

 

大学生4名に対し感謝状を贈呈しました。彼らの積極的かつ迅速な行動が、男性の命をい救いました。

 

 

 

 救助に当たられた4名の大学生

110番の日に伴う一日大垣警察署長・警察官(犬)の委嘱【1月10日】

 

 当署では、1月10日の『110番の日』に合わせ、水の都おおがき親善大使に一日警察署長を、警察犬の

 

ノーラオブトーヨーケンネル号に一日警察官(犬)をそれぞれ委嘱し110番の日並びに振り込め詐欺、交通

 

死亡事故抑止に関する広報啓発活動を行いました。

 

 

一日大垣警察署長と警察官  広報啓発活動中の様子

初点検の実施【1月4日】

 

平成30年1月4日、年頭における初点検(警察礼式の一つで警察手帳や手錠等、貸与品の点検)を実施しました。

 

 その後、署長の初訓示を受け、大垣警察署の平成30年が本格的にスタートしました。

 

 

初点検の様子