ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年度第4回可児警察署協議会開催状況

●日時

 平成31年2月6日水曜日午後1時30分から午後3時50分まで

●場所

 可児警察署大会議室

●出席者

 協議会委員9名

 警察署長以下10名

●内容

1可児警察署長あいさつ

2協議会議題

 (1)平成30年中の可児警察署管内の治安情勢

 ●警務課

 ・平成31年可児警察署運営重点

 ・警察官募集

 ・広報活動(行政サービスの向上)

 ・教養訓練

 ●会計課

 ・遺失物と拾得物の状況

 ●生活安全課

 ・風俗環境の浄化

 ・ニセ電話詐欺被害防止対策(暑中見舞いはがき)

 ・「ながら見守り」活動

 ●刑事課

 ・刑法犯総数(年次推移)

 ・刑法犯罪種別認知件数

 ・主要検挙事例

 ●交通課

 ・交通事故発生状況

 ・管内交通事故多発場所ワースト3

 ・管内交通事故の特徴

 ・死亡ひき逃げ事件の検挙

 ・交通安全対策

 ・事故発生現場対策

 ●警備課

 ・災害対策

 ・国際テロ対策

 ●地域課

 ・110番受理件数の推移

 ・110番事案別受理状況

 ・土田交番施設概要

 ・土田交番管内の治安情勢

 ・御嵩交番管内の治安情勢

 (2)警察活動等に関する要望・意見

 ・豚コレラが発生しているが、警察官としてイノシシ絡みの交通事故現場に行く必要があると思うが、現場に行く際は、手袋、

 靴カバー等の防護をして対応し、処理が終了した後は、使用した手袋、靴カバー等を焼却するなど感染予防に留意して活動して

 ほしい。

 ・工業団地等で働く外国人が、御嵩駅付近の線路沿いを2列縦隊で広まって自転車を運転していたり、棒に買い物袋をぶら提げ

 た状態で自転車を運転している状況を見かけるので、警察官が見回って注意してほしい。

 ・協議員になって、警察官一人一人の個性のある真摯な態度に触れて、改めて警察官が信頼できる存在だということを感じるこ

 とができた。

 ・協議員になって、様々なことを教えてもらった。

 今後、協議員でなくなっても、防災講話等一緒に活動協力させていただく。

 ・警察が対応する事案は、多岐にわたり、仕事の幅広さを感じることができた。

 これは、市民が身近な警察に頼っていることの表れであるということを感じた。

 ・協議員となって、警察施設見学等貴重な体験をすることができた。

 今後は、いざというときに警察官を頼りにし、一般人として協力していきたい。

3閉会

開催状況1開催状況2