ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

警察官を目指す君へ〜新人警察官からのメッセージ〜第2弾

 令和2年6月19日(金)に、令和2年度警察官A(2回目)、警察官B等の採用試験が公示されます。

 各務原警察署の新人からの、志望動機や警察官になって感じたことのメッセージ【第2弾】を紹介します。

 警察官採用試験に興味のある方は是非参考にしてください。

新人警察官からのメッセージ

【B巡査】

 制服がかっこいいという理由で警察官に興味を持ち、テレビ番組で警察官の仕事の多様性を知り、やりがいを感じるようになりました。

 人の死には様々な原因があり、病気など防ぎようのないものもありますが、交通事故による死は、交通取締りや交通安全への取組により「0」とすることができます。

私は、直接県民に働きかけ、県民の安心安全を守ることができる交通部門で仕事をしたいと思い、警察官になることを決めました。

 警察官になって大変だと思うことは、

・表に出ない「縁の下の力持ち」という仕事が多い

・体調管理を徹底しないと3交替勤務に慣れるまでが苦しい

・常に学び続ける気持ちがないと成長できない

ですが、1つとして同じ場面はなく、常に新しい経験ができ、解決により市民の方が笑顔になった時には、とてもやりがいを感じます。

 ぜひ警察官を目指してください。

女性警察官

募集メッセージ

 警察官の仕事を知っていますか。

 県民の安全・安心を守ることは容易いことではなく、交替制ではあるものの「24時間365日」稼働する職場は「きつい」との印象がありますが、事件解決や事件・事故が防止できた時の喜びは計り知れず、「やりがい」を感じられる職業です。

 福利厚生や休暇制度も充実した岐阜県警察で私達と一緒に働きませんか?