ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和2年「夏の交通安全県民運動」はじまる

安全運動期間

「7月11日(土)〜7月20日(月)

 

運動のテーマ

ゆずりあう心で

夏の交通事故防止

 

期間中の重点

1.子供と高齢者の交通事故防止

子供や高齢者を見かけたら、速度を控える、一時停止など「思いやり運転を!」

 

2.横断歩道は、歩行者最優先

ダイヤマーク「◇」が横断歩道の目印です。

横断しようとする人がある時は、横断歩道の直前で一時停止を!

歩行者妨害(道交法第38条第1項)違反は、点数2点、反則金9千円(普通車)

 

3.全ての座席のシートベルト着用

本年5月末の自動車乗車中の死者9人のうち非着用者は4人で、このうち3人はシートベルトを着用していれば死亡には至らなかった可能性がありました。

 

4.飲酒運転の根絶

飲酒運転をなくす3つの約束「運転しない」「運転させない」「許さない」を守ってください。

管内でも飲酒運転による単独事故が多発しており、取締りを強化しています。

 

夏の交通安全県民運動のチラシ夏の交通安全県民運動のチラシはこちらをクリックしてください。【PDF:760KB】