ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成30年度第3回各務原警察署協議会

日時

平成30年12月5日(水)午後1時から午後3時40分

場所

岐阜県警察本部及び各務原警察署3階大会議室

出席者

各務原警察署協議会委員9名

各務原警察署長以下11名

内容

【第1部】

岐阜県警察本部の視察

○地域部通信指令課及び交通管制センターなど

 

【第2部】

1、警察署長のあいさつ(要旨)

○平素の警察活動に対するお礼

○航空自衛隊岐阜基地「航空祭」雑踏警備の完遂報告の後に「警察業務に反映させるためのご意見やご要望を賜りたい。」とあいさつした。

 

2、会長のあいさつ(要旨)

「議会が有意義なものとなるよう、皆さまから、活発なご意見やご要望を出していただきたいと思っています。」等のあいさつをされた。

 

3、報告

(1)平成30年度岐阜県警察署協議会代表者会議開催結果の報告

10月31日、岐阜県警察本部における代表者会議において、当署員及び地域の皆さまが連携して取り組んだ

・登校の小学生にスマートフォンや双眼鏡を向ける住民への対応

・神社における賽銭盗難への対応

・尾崎地域安全推進協議会の活動

・他県の福祉施設における多数の入居者が殺害された事件を受け引き続き警戒警らやパトロールカードの交付依頼

・地域の困り事相談に対する対応

の各施策を発表した旨を報告した。

討議の中で話題となった「防犯カメラの活用」及び「制服警察官の街頭での『見える化』に努めて欲しい」との意見や要望について報告した。

(2)航空自衛隊岐阜基地航空祭雑踏警備結果

地域課長が、スクリーン画像を活用し交通誘導や雑踏警備の対策及び状況などについて説明した。

 

4、協議事項

議題1「平成31年度速度取締り指針等について」

交通課長が

・平成31年度速度取締り指針及び人身事故、死亡

・重傷事故発生状況

・交通指導取締り要点として、自転車利用者に対する交通指導取締りの強化(シマシマ作戦)について説明した。

 

議題2「警察業務に関する要望及び意見交換」

○横断歩道での歩行者の対策は、どのようにされているか。

〈回答〉横断歩道とその直近を重点として交通指導取締り活動を行っている。児童や高齢者に対しては注意喚起し、運転者にはあらゆる機会を通じて横断歩行者を横断させてから通行するよう指導している。

○社会的にも話題の「あおり運転」通報や起因する交通事故の発生はどうか。

〈回答〉幸い、起因した交通事故の発生は認知していない。あおり運転や交通上のトラブル通報や届出は多くあるが、認知した事案は捜査を徹底して検挙方針で臨んでいる。

○自転車利用者には、どのような指導するのか。

〈回答〉街頭でのパトロール活動などにより指導している。交通安全協会やMSリーダーズと共同してマナー遵守等に関して啓発活動を行っている。

○今年の航空祭は、昨年より路上駐車が少ないように思えたが、どのような対策をしたか。

〈回答〉主催の航空自衛隊岐阜基地と協議を重ね駐車対策を強化した。岐阜基地の方も徹底した公共交通機関利用の広報を実施した。

○制服警察官の姿を見せて街頭における活動を強化して欲しい。

〈回答〉小学児童の通学時間帯に交通事故及び連れ去り防止のため、通学路などにおいて地域の見守り隊の方と連携して街頭活動を行っているが、今後も可能な限り制服警察官による街頭活動やパトロールを実施する。

○高齢者家庭へ訪問し防犯指導や交通事故防止の指導をして欲しい。

〈回答〉交番や駐在所勤務員が高齢者家庭を訪問して、ニセ電話詐欺被害や交通事故防止について指導している。巡回連絡の機会に要望や意見も聞いて業務に反映させている。

○家庭内における暴力事案などの届出は多いか。

〈回答〉夫婦間、高齢者及び児童に対する暴力など家庭内における暴力事案は数多く届出がなされる。すべての届出事案に対応している。事件で取り扱うべき事案は逮捕するなど的確に対応している。

 

など活発な意見交換がなされた。

 

協議会本部視察1 協議会本部視察2

協議会の様子1.協議会の様子2.協議会の様子3