ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

平成29年度第1回各務原警察署協議会

日時

平成29年6月14日(水)午後1時30分から午後3時30分

場所

各務原警察署3階大会議室及び武道場

出席者

各務原警察署協議会委員8名

各務原警察署長以下11名

内容

1.委嘱状の交付会長のあいさつ

 

2.会長の選出

 瀧本知奈美委員

 

3.副会長の指名

 木野村文彦委員

 

4.会長・副会長のあいさつ

 各務原市民の安全・安心のため、皆さまのご協力のもとに努めさせていただきますので、よろしくお願いします。

 

5.警察署長のあいさつ警察署長のあいさつ

 「各務原市の安全・安心の具現化は、地域の皆さまのご協力があってこそ成り立つものであることを実感しながら活動していく」等のあいさつをした。

 

6.自己紹介

 警察署協議会委員及び警察署幹部による自己紹介

 

7.管内の治安情勢、警察署運営方針等の説明

 署長が、「署協議会制度の発足経緯、犯罪情勢、署運営方針」などについて説明した。

 

8.意見交換

 

〇特殊詐欺被害の防止対策や高齢者に対する指導助言などはどうしていますか

・高齢者による高額引出しを金融機関に対し、「全件通報」を依頼してあります。また、「だまされたふり作戦」での被疑者検挙に努めています。高齢者の方へは家庭訪問や各種会合で被害防止の啓発広報を展開しています。また、数年前からコンビニで販売している電子マネーを対象とした特殊詐欺事件が発生していることを受け、コンビニに対し「電子マネー通報」を依頼しています。

 

〇高齢者による運転免許証の返納はどれくらいあるのですか。

・家族の方との話し合いや自らの決断で自主的に返納される方が多くなっています。県交通安全協会では運転経歴証明書の申請手数料を助成しています。

 

〇高齢者による交通事故の特徴はどのようですか。

・10年くらい前までは、交通弱者である高齢者の歩行中、自転車運転中の事故が多かったのですが、近年は自動車運転中の交通事故が目立っています。

 

〇空巣ねらいや事務所荒らし事件などの発生現状はどうですか。

・県下的にも昼間の空巣ねらいや深夜の事務所荒らしなど侵入窃盗事件が多発傾向にあります。発生状況を分析した上で犯行を予測した張込み捜査を行っています。

 

〇広報啓発活動の実施状況はどうですか。

・県や市など関係機関と連絡を密に共通認識の下、広報活動をおこなっています。行方不明など人命に係わることを第一に考え、地域の方の理解と協力を得た上で警察力を集中させ対応にあたっています。

 

 

柔道・剣道訓練の視察

6月15日開催の「岐阜県警察柔道・剣道大会」へ向けて、5月16日から当署武道場で行っている訓練の状況を視察した。

 

訓練の状況