ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岐阜南警察署管内の中高生が交通安全運動を実施

 中学生・高校生らが交通安全を呼び掛け

 夏の交通安全県民運動(7月11日から20日)の期間中、岐阜南警察署管内の中学校・高校生らが交通安全を呼び掛ける活動を行いました。

 岐南工業高校、岐阜総合学園高校、岐阜聖徳学園高校のMSリーダーズは、校門周辺や、通学路の主要交差点に立ち、登校中の生徒や通行人、ドライバーらにあいさつをしながら交通安全を呼び掛けました。

 また、加納中学校MSJリーダーズの代表生徒2名が岐阜南警察署を訪れ、交通課員から自転車の安全利用や関係法規、交通事故の発生状況等について教養を受け、終業式で全校生徒にその様子を伝えて夏休み中交通事故に遭わないよう訴えました。