ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

突然家族を失う悲しい交通死亡事故をなくそう!

事故車両の写真

 

本日、岐阜市加納桜道1丁目地内で、横断歩道を横断中の高齢女性(81歳)が当事者となる交通死亡事故が発生しました。

今年に入り、県内では11件の交通死亡事故が発生し、その内の8件が高齢の歩行者が当事者となっています。

 

岐阜南警察署では、本日から緊急高齢者家庭訪問を行います。

○交通事故の発生状況

○高齢の歩行者が交通事故に遭わないための注意点

○降雪や降雨、霧が深い日など悪天候の時、夜間・薄暮時の注意点

など、直接受持ちの警察官が訪問し、同じような事故が再び起こらないよう指導を行っていきます。

 

◎高齢の方のご家族の方へ

大切な家族を交通事故で亡くさないためにも、

☆道路を横断する際には「止まる・見る・待つ・確かめる」

☆夜間(薄暮時)の外出には、反射材を活用

☆外出はドライバーに発見されやすい明るく目立つ服装

の声掛けをお願いします。

 

◎ドライバーの皆さんへ

青色信号でも優先意識を持たず、必ず安全を確認し通行しましょう。

道路凍結時や通勤ラッシュ時、帰宅時間帯は交通事故が多発します。

時間にゆとりを持った安全運転をお願いします。

 

なかせんどうくんが高齢者を守るどうと叫んでるイラスト