ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和元年度第1回下呂警察署協議会

日時

令和元年6月28日午後3時30分から午後5時10分まで

場所

下呂警察署3階大会議室

出席者

警察署協議会委員6人
警察署長以下7人

      内容

      1開会

      2委嘱状の交付

      3古田公安委員あいさつ

      4警察署長あいさつ

      5自己紹介

      (1)警察側の紹介

      (2)委員側の紹介

      6会長及び副会長の選出、あいさつ

      会長「加藤秀一」、副会長「下町竜司」を選出

      7管内概況

      8意見交換

      9閉会

       


      警察協議会の様子

      画像(委嘱状の交付) 画像(公安委員あいさつ)

      画像(下呂警察署協議会長あいさつ) 画像(管内概況説明)


      前回提言回答

      朝霧橋西詰交差点の安全対策について(薄暮時の横断歩道の安全対策)

      • 交通課長

      道路管理者と現場確認を実施しました。今後は道路管理者と協議の上

      • 横断歩道の位置を西側へ移動する。
      • 不要な案内看板を撤去し、視認性を確保する。
      • 交差点の安全確保のため、北側にガードレールを設置する。
      • 街路灯の設置

      等の対策を講じたいと考えています。

      意見交換
      • 委員

      交通事故発生状況について

       先ほどの概況説明で物損交通事故の年間の発生件数の多さにびっくりしました。

      交通死亡事故原因や死因について

       今年2名の方が亡くなられているとのことですが、事故原因や死因について教えて頂けますか。

      • 交通課長

       1件はブレーキとアクセル操作の間違いが原因と思われる事故で単独で川に転落するという事故です。もう1件は国道41号でのセンターラインのはみ出しが原因の交通事故ですが何れも内臓損傷が死因となっています。

      • 委員

      下呂温泉交番との関係について

       日頃は、大下交番所長をはじめとして下呂温泉交番の方には、境内の賽銭泥棒の被害届や警戒、落とし物の関係で何時もお世話になっております。

      通学路警戒について

       登下校時間帯に交番の方々がいつもパトロールをして頂いているのをよく見かけます。パトロールや警戒活動をしっかりして頂いており、ありがとうございます。

      温泉街を走行する他府県ナンバーやレンタカーについて

       観光地であるので仕方のないことと理解はしておりますが、地理不案内の「わ」ナンバーや他府県ナンバーが温泉街の狭い道路を急に曲がったり、変なところに駐車したり、一方通行を逆進したりというところをよく見かけます。中国人系の旅行者も増えており、地元の者が事故に巻き込まれないようにと思っております。

      • 交通課長

       私の前任地は高山警察署でした。観光客については、当然、下呂温泉より多い訳なのですが、統計上は、以外と観光客の方の事故よりも地元の方の事故の方が多いです。自宅を出発してからから3キロメートル以内の事故が多いのも特徴です。

      • 委員

      ニセ電話詐欺被害について

       電話、はがき、ダイレクトメールなど色々な手口があることは承知していますが、このようなものから犯人グループを突き止めるということができないのかなぁ?と思うのですが難しいのでしょうか。

      • 署長

       犯人グループを手繰って行くのは難しいというのが現状です。

      • 刑事生安課長

       何もしないという訳ではありませんが、例えば、相手の電話番号をデータベース化して、電話を使えなくするとか警告をするという対策はしています。

      小坂小学校の安全対策について

       小学校の前は、振興事務所方向に向かって少し下り坂となっていて道幅も狭いのですが、通学の安全のためにガードレールとかで安全対策はできないでしょうか。

      • 交通課長

       一度、現場を確認します。

      • 委員

      交通窓口対応について

       私の知り合いの話です。最近、下呂署で車庫証明の手続きを行ったらしいのですが、何か不手際があって、2度、3度と足を運ぶ羽目となったらしいのです。詳しくは聞きませんでしたが窓口の方の説明不足というようなことを言っていましたので、この席でお伝えさせて頂きます。

      • 交通課長

       申し訳ありませんでした。私自身も交通窓口の近くに座っておりますので、窓口対応については随時、監督指導してまいります。

      高齢者の交通事故防止対策について

       父も80歳を過ぎました。まだ運転免許を持っていますが運転はやっぱり心配です。高齢者の方のそれぞれの家庭環境で差異はありますが、家族が同乗して運転状況を確認することが大切だと思います。高齢者への車の販売の規制とかも考えるべきですし、講習時の実地検査も厳格にして事故防止と運転免許返納を呼びかけれればと考えます。

      • 交通課長

       高齢者の交通事故防止や運転免許返納については各種施策を実施しています。行政機関や民生委員の方々とも連携しておりますが、実際、返納への促しは難しい点もあります。また、いろいろな装置も開発されているところであり、今後もあらゆるサポートを推進してまいります。

      • 委員

      拾得物について

       先日、夫が川で免許証を落としました。再交付を受けていましたが拾われた方がいて運転免許証が無事戻ってきました。