ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

年末の交通安全県民運動

無事故で年末笑顔で年始

実施期間

平成30年12月11日(火)から12月20日(木)

重点1

夕暮れ時と夜間(特に「魔の時間帯(午後4時から午後8時)」における交通事故防止

過去5年間(平成25年から平成29年)の統計では、1年のうちで最も多くの人身交通事故が12月に発生している!!

 

【運転手は】

●日没30分前を目安に早めのライト点灯を心掛けましょう。

●先行車や対向車がいない場合はハイビームを使用しましょう。

 

【歩行者・自転車利用者は】

●明るい色の服装と反射材を装着しましょう。

重点2

飲酒運転の根絶

「目的地が近かった」「少しぐらいなら大丈夫」など安易な考えから飲酒運転をする人がいますので、飲酒運転は非常に危険かつ悪質な犯罪であることを認識し、「飲酒運転鵜をなくすための3つの約束」を皆さん一人ひとりが実践しましょう。

 

●約束1・・・お酒を飲んだら運転しない!【しない】

●約束2・・・運転する人にはお酒を飲ませない!【させない】

●約束3・・・お酒を飲んだ人には運転させない!【許さない】

 

酒酔い運転 酒気帯び運転
罰則

5年以下の懲役または100万円以下の罰金

3年以下の懲役または50万円以下の罰金
違反点 35点…免許取消し! 13点(0.15mg以上0.25mg未満)…免許停止
25点(0.25mg以上)…免許取消し!

※()内の数値は呼気リットル中アルコール濃度

重点3

全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

シートベルトは全席着用が義務づけられています。

運転者は、自らシートベルトを着用し、後部座席を含めた全ての同乗者にシートベルトを着用させるとともに、6歳未満の子供にはチャイルドシートを使用させてから出発するようにしましょう。

 

飲酒運転は許しません!