ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

「平成29年度生きがい大学」で交通安全教室

 1月18日(木)と1月26日(金)の2回にわたり、恵那市主催の「平成29年度生きがい大学」で、参加した高齢者などに対し「歩行中の事故防止」などの交通安全講話を行いました。

 正しい道路の横断方法や歩行環境シミュレータを活用した実技指導を行ったところ、参加者から「命は一つしかないから、無理な横断をしてはいけないことが分かった。」、「これからも交通事故に遭わないようにして長生きしたい。」などの意見が述べられました。

県内では、高齢者が被害の交通事故が増加傾向にあることから、引き続き、高齢者の交通安全意識の向上と被害防止を図ってまいります。

 

 

「歩行中の交通事故防止」の講話を実施

 

歩行シミュレータを体験