ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

悲惨な交通事故から身を守る

 4月5日(金)に、3月23日発生の長島町中野地内における死亡事故現場で、道路管理者等と合同で道路の改良点の意見交換を行いました。

 今回の事故で、道路を横断中の歩行者がお亡くなりになっています。

 事故のあった場所は、前方の見とおしが良い直線道路ですが、夜間は暗く、横断歩道はありませんでした。

 

 薄暮時または夜間に外出する時は、反射材を身に付けましょう。自分から光って目立つことで、運転手から早く見つけてもらえます。

 また、道路を横断する際は、横断歩道を渡りましょう。

 

 運転する際は、「早めにライト点灯」「基本のハイビーム」を守ってください。

 

交通事故の現場を点検し再発防止に努めます。

日中は見通しの良い道路。夜間は街灯が少なく暗い道路となります。

 

夜間は該当が少なく暗い場所です。反射材を着用しましょう。

関係機関とともに現場を確認し事故の再発防止を検討しました。