ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

令和元年度第1回恵那警察署協議会開催状況

日時

令和元年6月12日(水)午後4時00分から午後5時15分

開催場所

恵那警察署大会議室

出席者

恵那警察署協議会委員6人(1人欠席)

恵那警察署長以下7人

概要

1.委嘱状交付

2.恵那警察署長挨拶

3.自己紹介

4.役員選出

5.議事

 (1)警察署協議会趣旨説明

 (2)業務報告

 (3)意見・提言・質疑等

 Q.高齢者の交通事故が連日報道される中、先日武並町地内において死亡事故が発生していることから交通事故に対して敏感になっています。

 A.死亡事故現場における現場点検の実施や通学時間帯や薄暮時の警戒パトロールを継続して実施しています。

 

 Q.以前、高齢者交通安全大学校に入校したが、非常に有意義でした。

 A.高齢者交通大学校は管内各地で開催しており、各種機材を使用するなどして効果的な講習に心がけています。

 

 Q.披露された護身術について、子ども達にも授業の一環として行ってほしい。

 A.県下では、女子大学等に指導員を派遣し護身術の講習を行っています。子どもに対する講習についても依頼があれば講師を派遣することはできます。

 

 Q.PTAで地区委員をやっており、同委員でも「子ども110番」に力を入れています。

 A.小学生に対する不審者対応訓練を実施しており、今後も継続して行っていきたいです。

 

 Q.田舎で事件などが発生しないと思っていたが、先日強盗事件が発生し、町民からは驚きや心配の声が聞こえている。無施錠など田舎特有の感覚を改善していきたい。

 A.地域や場所を問わず、事件は発生することから、戸締りをきちんとするなど自己防衛に努めていただきたい。特に最近では、軽トラの窃盗事件が多発していることから、車の鍵の管理も行っていただきたい。

 

 Q.我が子が学校等で教えられた「交通事故多発場所」を家庭で教えてくれたことがあり、子どもに対する教育は役に立っていると思う。大人になっても役に立つので、子どもに安心・安全を教えていきたい。

 A.訓練は繰り返し行わなければ意味がないので、継続して実施していきます。

 

 Q.老人の低速走行やウィンカーの操作ミスが多く、危険を感じることがある。

 A.運転に危険性を感じるような状況であれば通報してほしい。運転者に対して注意を呼びかけるだけでも効果はあると考えます。

 

外国出身の委員を委嘱

 本年度の警察署協議員は、英国出身のロイド・リチャード・ジェームズ・ハリーさんを委員に迎え、岐阜県警察各署(22署)の中でも外国出身の委員は3人であり、多様な意見を伺える良い協議会となるよう進めてまいります。

恵那署若手警察官の紹介

●刑事課警部補

 愛知県出向で主に特殊班事件を担当

 その経験を生かし、各種犯罪の検挙に努めている

 

●交通課巡査長

 交通窓口業務を担当

 親切丁寧な対応に心がけ、育児と仕事を両立している。

 

●地域課巡査部長

 駐在所勤務

 巡回連絡など地域に根付いた活動を行い、住民との関係を大切にしている。

 

●警務課警部補

 署員の働きやすい環境づくりを心がけている。

 署員の業務が効率的に推進されることは、市民の安全・安心につながると思い業務を行っている。

 

協議会開催状況

令和元年度第一回恵那警察署協議会開催風景

 

令和元年第一回恵那警察署協議会における護身術の講話