ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織でさがす > 国民健康保険課 > 新型コロナ影響による収入減少世帯への保険料(税)減免

本文

新型コロナ影響による収入減少世帯への保険料(税)減免

新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯への保険料(税)減免について

制度の概要

●新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した世帯で、一定の減免基準 [PDFファイル/397KB]を満たした場合は、国民
 健康保険料(税)が減免されます。

新型コロナウイルスによる国民健康保険料(税)減免に関するリーフレット [PDFファイル/978KB]

 

対象となる方

1.新型コロナウイルス感染症により、主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負った世帯の方
⇒保険料(税)を全額免除
2.新型コロナウイルス感染症の影響により、主たる生計維持者の収入減少が見込まれる世帯の方
⇒保険料(税)の一部を減額

ご自身が減免の対象となるか、申請に必要な書類等の詳細については、まずは市町村役場国民健康保険窓口 [PDFファイル/77KB]
お問い合わせ下さい。

※保険料(税)が一部減額される具体的な要件
世帯の主たる生計維持者について
(1)事業収入や給与収入など、収入の種類ごとに見た収入のいずれかが、前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
(2)前年の所得の合計額が1000万円以下であること
(3)収入減少が見込まれる種類の所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること
注:申請にあたっては、収入を証明する書類が必要となります。

 

対象となる保険料(税)

●減免の対象となる保険料(税)は、令和元年度分及び令和2年度分の保険料(税)であって、令和2年2月1日から令和3年3月31日
 までの間に普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日。以下同じ。)が設定されているもの。
  なお、資格取得日から14日以内に加入手続が行われなかったため、令和2年1月分以前の保険料の納期限が令和2年2月1日以降に
 設定されている場合については、令和2年2月分以降の保険料(税)。

 

提出・問い合わせ先

●現在、県内すべての市町村にて、減免相談・減免申請の受付を開始しております。
 ご不明な点がございましたら、お住いの市町村役場国民健康保険窓口 [PDFファイル/77KB]へお問い合わせください。

 

参考

減免基準
新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者等に係る国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援の基準に
ついて(厚生労働省通知) [PDFファイル/397KB]

Q&A
新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少した被保険者等に係る国民健康保険料(税)の減免に対する財政支援に関する
Q&Aについて(厚生労働省通知) [PDFファイル/978KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>