ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第一種電気工事士交付申請

第一種電気工事士免状交付申請について

 第一種電気工事士免状交付申請に関する手続きです。

手続方法

試験に合格した場合の提出書類

  • 第一種電気工事士免状交付申請書
  • 実務経験証明書
    実務経験必要年数・・・3年                                               ※記載例を参考に実務経験証明書を記入し、事前審査を受けてください。事前審査は下書きや代表者印押印前でも結構です。FAX又はメールで送ってください。
    【送信先】
     FAX 058-278-2549(消防課のFAX)
     メール c11193@pref.gifu.lg.jp(消防課のメール)
     タイトルに「第1種電気工事士免状実務経験事前確認」と記入してください。 
  • 写真2枚(交付申請前6ヶ月以内に撮影した縦4cm、横3cmのもので、裏面に氏名記入
  • 岐阜県収入証紙6,000円
  • 試験結果通知書(合格通知書)
  • 住民票について
    住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)により申請者の氏名等を確認しますので、住民票は不要です。ただし、住基ネットの利用を希望されない方は、住民票(交付後3ケ月以内、マイナンバーの記載がないもの)を提出してください。
留意事項
  • 新規に申請できる方は、現在、岐阜県内に住民票のある方のみです。
  • 郵送の場合は、簡易書留で送付して下さい。

認定による場合

  • 電気工事士免状交付申請書
  • 電気工事士法第4条第3項第2号の認定申請書
  • 実務経験証明書(第3種電気主任技術者免状所有者は、試験合格後5年の実務経験、高圧技術者試験合格者は試験合格後3年の実務経験が必要。)                                                         ※記載例を参考に実務経験証明書を記入し、事前審査を受けてください。事前審査は下書きや代表者印押印前でも結構です。FAX又はメールで送ってください。
    【送信先】
     FAX 058-278-2549(消防課のFAX)
     メール c11193@pref.gifu.lg.jp(消防課のメール)
     タイトルに「第1種電気工事士免状実務経験事前確認」と記入してください。 
  • 認定を受けようとする資格を証明する書類を添付すること。
    (電気主任技術者免状、高圧電気工事技術者合格証の写し等)
  • 写真2枚(交付申請前6ヶ月以内に撮影した縦4cm、横3cmのもので、裏面に氏名記入
  • 岐阜県収入証紙6,000円
  • 住民票について
    住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)により申請者の氏名等を確認しますので、住民票は不要です。ただし、住基ネットの利用を希望されない方は、住民票(交付後3ケ月以内、マイナンバーの記載がないもの)を提出してください。
留意事項
  • 新規に申請できる方は、現在、岐阜県内に住民票のある方のみです。
  • 郵送の場合は、簡易書留で送付して下さい。

問合先・申請書提出先

  • 所属・係:岐阜県消防課予防保安係
  • 住所:〒500-8570岐阜市薮田南2-1-1
  • 電話番号:058(272)1111(内2474)

標準処理期間

 14日(県の休日を除く)

申請書様式

 申請書様式をダウンロードして利用できます。

交付申請書
電気工事士免状交付申請書 [Wordファイル/38KB]電気工事士免状交付申請書 [PDFファイル/94KB]
実務経験証明書 [Wordファイル/38KB]実務経験証明書 [PDFファイル/88KB]
(実務経験証明書記載例) [PDFファイル/220KB]
(実務経験証明書記載の手引き) [PDFファイル/296KB]
認定申請書 [Wordファイル/42KB]認定申請書 [PDFファイル/89KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>