ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

岐阜県内の森林認証団体

岐阜県内のFM認証団体

 岐阜県内では、平成15年3月25日に東白川村森林組合が、「東濃桧」ブランドに環境に優しい「FSC(R)」という価値を付け加えることで、木材の需要を開拓し林業・林産業を活性化させようと、県内初となるFSC(R)森林認証(FM認証)を取得しました。
 また、平成18年2月には県有林で同じくFSC(R)認証を取得し、平成19年4月に東白川村森林組合と形成した「岐阜県グループ」での認証に変更されました。
 岐阜県内の認証面積は、下表のとおりです。(岐阜県調べ)

 
森林管理に関する(FM)認証
認証制度 取得団体 取得年月

面積
(ha)

FSC(R) 岐阜県グループ* H19年4月 13,042.76ha
FSC(R) (岐阜県)  

(3,988.82ha)

FSC(R) (東白川村森林組合)   (5,645.23ha)
FSC(R) (飛騨高山森林組合)   (730.39ha)
FSC(R) (郡上森林組合)   (2,304.76ha)
FSC(R) (白川町)   (372.01ha)
FSC(R) (白川町森林組合)   (1.55ha)
FSC(R) 三井物産(株)* H21年12月 1,067.00ha
SGEC 三井物産(株)** H18年12月 1,067.00ha
SGEC 王子グループ** H18年12月 7,907.73ha
SGEC 日本製紙(株)** H19年10月 233.30ha
22,250.79ha

*:R2年7月29日現在、**:R2年7月31日現在

表中の()内は岐阜県グループの内訳を表す。
三井物産(株)の1,067.00haは重複取得。

森林認証制度について

岐阜県内のCoC認証団体

岐阜県グループ(FSC(R)C004268)

<外部リンク>