ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

ツマジロクサヨトウ

ツマジロクサヨトウについて(令和元年日本初確認の害虫)

 ツマジロクサヨトウは、極めて広食性のヤガ類の害虫で、とうもろこし、ソルガム、さとうきび、野菜類等、80種類以上の作物に被害を与えることが知られています。令和元年7月に日本で初めて発生が確認され、今後、その発生が拡大する可能性があるため、ご注意ください。
 また、とうもろこし等が食害されているほ場で「ツマジロクサヨトウ」の発生が疑われる場合は、病害虫防除所へご連絡ください。

 なお、ツマジロクサヨトウに関する詳細な情報は、以下のページを参照ください。

ツマジロクサヨトウに関する情報​<外部リンク>(農林水産省HP)

令和2年7月31日発表:令和2年度病害虫発生予察特殊報第2号「飼料用トウモロコシ:ツマジロクサヨトウ」 [PDFファイル/468KB]

令和2年6月19日発表:令和2年度病害虫発生予察特殊報第1号「ツマジロクサヨトウ」[PDFファイル/503KB]

令和元年8月26日発表:「ツマジロクサヨトウ」にご注意ください。[PDFファイル/542KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>