ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 社会基盤 > 道路 > 高速道路 > 東海環状自動車道の概要

本文

東海環状自動車道の概要

 東海環状自動車道は、名古屋の周辺半径30〜40km圏に位置する愛知、岐阜、三重の3県の諸都市を環状に連結し、東名、名神高速道路、中央自動車道、東海北陸自動車道や新東名、新名神高速道路などの高速自動車国道と一体となって、広域的なネットワークを形成する、総延長約153kmの高速道路です。

【路線概要】
路線名:一般国道475号
起点:愛知県豊田市(新東名高速道路豊田東JCT)
終点:三重県四日市市(新名神高速道路新四日市JCT)
延長:約153km(岐阜県内約100km)
道路区分:第1種2級
設計速度:100km/h
車線数:4車線(土岐JCT〜新四日市JCTは暫定2車線)
事業主体:国土交通省
中日本高速道路株式会社

【路線図】[PDFファイル/701KB]

  • 東海環状自動車道の東回り区間は、豊田東JCT〜美濃関JCT間が中部国際空港開港、日本国際博覧会(愛・地球博)開催に合わせて平成17年3月19日に開通し、美濃関JCT〜関広見IC間が平成21年4月18日に開通しました。
  • ミッシングリンクとなっている西回り区間については、早期の全線開通に向けて事業が進められており、平成24年9月15日には大垣西IC〜養老JCT間が区間初となる開通を迎えました。

【東海環状自動車道の経緯】

年月日

内容

昭和62年6月30日 高規格幹線道路に決定(第四次全国総合開発計画)
平成元年8月8日 整備計画決定土岐市〜関市
平成3年12月3日 整備計画決定豊田市〜瀬戸市
平成5年4月1日 一般国道475号に路線指定
平成5年7月30日 整備計画決定北勢町〜四日市市
平成9年2月5日 整備計画決定関市〜養老町
平成12年4月3日 整備計画決定瀬戸市〜関市
平成12年8月25日 一般有料道路事業認可豊田東JCT〜美濃関JCT
平成17年3月19日 開通豊田東JCT〜美濃関JCT(L=73.0km)
平成20年8月1日 一般有料道路事業認可美濃関JCT〜関広見IC
平成21年4月18日 開通美濃関JCT〜関広見IC(L=2.9km)
平成23年6月8日 一般有料道路事業認可関広見IC〜四日市北JCT
平成24年4月17日 整備計画決定養老町〜北勢町
平成24年9月15日 開通大垣西IC〜養老JCT(L=6.0km)
平成28年8月11日 開通東員IC〜新四日市JCT(L=1.4km)
平成29年10月22日 開通養老JCT〜養老IC(L=3.1km)
平成31年3月17日 開通大安IC〜東員IC(L=6.4km)
令和元年12月14日 開通大野神戸IC〜大垣西IC(L=7.6km)
令和2年3月20日 開通関広見IC〜山県IC(L=9.0km)

東海環状自動車道岐阜市御望山周辺計画再検討について

東海環状自動車道の整備状況についてはこちら
国土交通省中部地方整備局岐阜国道事務所<外部リンク>
国土交通省中部地方整備局北勢国道事務所<外部リンク>
中日本高速道路株式会社<外部リンク>

東海環状自動車道の整備効果

【環状道路の機能】

  • 分散導入機能
    郊外から都心部への交通を分散導入する複数のルートが確保でき、都心部の交通集中が緩和されます。
  • バイパス機能
    都心に起終点を持たない通過交通をバイパスさせ、都心内交通と分離することで、都心部の混雑を緩和します。
  • 非常時の迂回機能
    災害や事故、大規模な工事による交通規制、あるいは交通混雑があった場合など、迂回誘導が可能になります。

東海環状環状機能

【走行時間の短縮】
 東海環状自動車道の開通により、沿線都市間の移動時間が大幅に短縮され、物流の効率化や都市間連携の強化などが期待されます。

東海環状時間短縮

【大規模災害時の代替路機能】
 東海環状自動車道は今後30年間に震度6強クラスの地震に見舞われる確率の高い地域を迂回しており、災害時における人命救助や物資の緊急輸送道路として機能すると考えられます。

東海環状災害時迂回

【工場立地の進展】
 平成17年3月の東回り区間開通後、愛知県三河地方と岐阜県美濃地方が直結し、県内の工業立地が飛躍的に進展しました。また、平成30年の製造業の工場立地件数、立地面積はともに全国第6位と、好調を持続しています。

開通区間

東海環状地図(開通区間)
【過去の開通記念イベントと開通式典】[PDFファイル/1.1MB]

西回り着工区間

 

【過去の着工式】[PDFファイル/365KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>