ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・防災・環境 > 防災 > 県の防災体制 > 清流の国ぎふ防災・減災センター

本文

清流の国ぎふ防災・減災センター

局地的豪雨や台風、南海トラフ地震等の超大規模災害に対し、被害を軽減させるためには、地域防災力の強化が不可欠です。
実際に災害対応を行う岐阜県と、高度教育機能・研究機能を持つ岐阜大学が共同して、防災・減災にかかる実践的シンクタンク機能を担う「清流の国ぎふ防災・減災センター」を平成27年4月に岐阜大学構内に設置し、地域防災力の強化を図っていきます。

新着情報

 

お知らせ

毎月開催!「げんさい楽座」のご案内

げんさい楽座は、専門家と一般参加者が防災・減災について語り合い、防災・減災への関心を深め、知識を得るとともに、参加者同士が意見交換を行う交流の場です。
参加者が相互に理解を深めることで、お互いに顔の見えるネットワークづくりと災害に強い地域社会を創りだすことを目指しています。
事前の申し込みは不要です。
お気軽にご参加ください。
なお、電話でのお問い合わせは、平日の午前9時から午後5時の間にお願いします。
ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。


<第75回>

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ネットで配信します。

  • 日時
    令和3年9月27日(月曜日)19時〜20時30分
     
  • 場所
    清流の国ぎふ防災・減災センターフェイスブック<外部リンク>により配信します。
     
  • テーマ
    「第2回防災活動大賞受賞団体の取り組み」

     昨今の災害多発を受けて、地域の防災力アップの参考にしていただくために、岐阜県内で取り組まれている防災活動のなかから特に優れた活動を選出する「防災活動大賞」を令和元年度から開催しています。
     今回の楽座では、昨年度開催した「第2回防災活動大賞公開選考会」において、見事に対象に選出された3団体の活動紹介を行います。皆様の今後の活動の参考になると思いますので、多くの方の視聴をお待ちしています。

    第2回防災活動大賞受賞者:
    ・星和中学校避難所運営委員会『コロナ禍の防災活動』
    ・高山市大八まちづくり協議会『大八防災プロジェクト2020』
    ・岐阜市立柳津小学校・三承工業株式会社『地元企業と小学生が共に避難所の社会課題を解決する!「避難できる庭」プロジェクト』


今後の予定
<第76回>
日時:令和3年10月25日(月曜日)19時から20時30分
場所:オンライン
テーマ:「災害時におけるメディアとの連携」(仮)

※開催時間、内容など、予告なしに変更になる場合がありますので、ご了承ください。


 過去の映像は「清流の国ぎふ防災・減災センター公式YouTubeチャンネル<外部リンク>」で公開しています

 

募集

令和3年度「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座(実践編)」受講者募集について

 すでに清流の国ぎふ防災リーダーとして認定された方など、地域の防災リーダーとして活動する方を対象に、「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座(実践編)」として以下の講座を開講します。本講座は選択式で、防災・減災に関するテーマごとに具体的な活動方法等について学ぶことができます。
 地域の自主防災活動に取り組む方で興味のある方は、ぜひ受講ください。
 なお、実践編の講座は秋以降にも開催する予定です(テーマについては変わる場合があります)。

1.開催概要

以下の講義のうち、希望する講義を選択して受講できます(全講義の受講も可能です)

講義番号1・2・3については、新型コロナウイルス感染症感染拡大予防のため中止します。講義番号4は予定通りオンラインで開催します。
講義番号1 地震を想定した自宅の危険チェックと対策
日時 令和3年8月26日(木曜日) 9時30分~11時40分
場所 岐阜大学工学部1階大教室(101番教室)
定員 50名
講師 村岡治道(岐阜大学特任准教授)
概要 家具転倒対策の普及のための方法や、家具転倒対策の注意点を学ぶ
講義番号2 住民が取り組む避難所立ち上げの手順
日時 令和3年8月26日(木曜日) 13時00分~15時10分
場所 岐阜大学工学部1階大教室(102番教室)
定員 50名
講師 村岡治道(岐阜大学特任准教授)
概要 住民による避難所立ち上げを円滑に行うために、地域で取り組むことができる事前の備えを学ぶ
講義番号3 大雨を想定したわが家の避難計画
日時 令和3年8月26日(木曜日) 15時50分~18時00分
場所 岐阜大学工学部1階大教室(101番教室)
定員 50名
講師 村岡治道(岐阜大学特任准教授)
概要 大雨に対する「早めの避難」を地域で普及させるための方法や「早めの避難」を成功させるためのポイントを、「災害・避難カード」の作成を通して学ぶ
講義番号4 地域の防災活動と活動計画の作成手法
日時 令和3年9月16日(木曜日) 9時00分~17時00分
場所 オンライン(zoom)
定員 50名
講師 高木朗義(岐阜大学教授)・小山真紀(岐阜大学准教授)
概要 実効性のある地域の防災活動の計画を自ら作成することを目的として、実際に地域で活動している人から活動事例を学ぶ

2.対象者

岐阜県内に在住もしくは在勤(在学)し、清流の国ぎふ防災リーダー、防災士、またはこれらと同等の資格もしくは講座を修了し、今後の活動について意欲のある方

3.受講料

無料

4.申込期限

講義番号1・2・3:令和3年8月22日(日曜日)
講義番号4   :令和3年9月5日(日曜日)
※募集を終了しました。

5.申し込み方法

以下の受講申し込みフォームに入力いただくか、もしくは、以下の要領で電子メールを送信してください。

●受講申し込みフォームに入力する場合→受講申し込みフォーム

●電子メールで申し込む場合

・タイトルに「実践編申込み」と明記。
・本文に「お名前お名前、連絡先メールアドレス、電話番号、受講を希望する講義番号」を明記。
 ※@gifu-u.ac.jpドメインのメールを受信できるようあらかじめ設定してください

送付先電子メールアドレス( gfbosai[アット]gifu-u.ac.jp ) ※[アット]を”@”に変更してください

6.その他

 申込に際しては以下のファイルを必ずご覧ください。

受講者募集のお知らせ [PDFファイル/954KB]


【よくある質問】

Q1:防災士資格取得試験の受験資格は得られますか?
A1:すでに清流の国ぎふ防災リーダー、防災士、またはこれらと同等の資格もしくは講座を修了した方を対象として、より具体的な活動方法等を学ぶ講座ですので、防災士資格取得試験の受験資格は得られません。

 

令和3年度「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座(入門編)」受講者募集について

 「清流の国ぎふ防災リーダー育成講座(入門編)」を以下の通り開催します。
 受講を希望する方は、募集のお知らせ等をご確認のうえ、お申し込みください。
 本講座の受講により防災士資格取得試験の受験資格が得られます。ただし、防災士の認証登録に必要な救急救命講習を修了していない場合は、別途消防署等で受講していただく必要があります。

 ※定員となったため募集を終了しました。

※平日コースについては新型コロナウイルス感染拡大予防のため中止します。今後の対応については別途お知らせします。なお、開催を予定していた同時刻に、同じ内容の講義をオンラインで視聴可能です。視聴を希望する方はセンターにお問い合わせください(ただしオンラインで視聴しても防災士試験受験資格は得られません)。

1.開催日程

コース名 平日コース 日曜コース
1日目 令和3年8月23日(月曜日) 令和3年11月14日(日曜日)
2日目 令和3年9月6日(月曜日) 令和3年11月28日(日曜日)

※どちらのコースも内容は同じです。申込時に受講するコースを選択してください。

2.開催会場

 岐阜市柳戸1-1
 岐阜大学全学共通教育講義棟多目的ホール

3.募集人員

 両コースとも100名

4.募集期間

 平日コース:※募集終了しました
 日曜コース:※募集終了しました。
 ※定員を超えた時点で募集を締め切ります。

5.申し込み方法

 以下の受講申し込みフォームに入力いただくか、もしくは、受講申込書を電子メール、FAXまたは郵送で「清流の国ぎふ防災・減災センター」あてに提出してください。

・受講申し込みフォームに入力する場合→受講申し込みフォーム(外部サイト)

・受講申込書を提出する場合

  受講申込書[Wordファイル/19KB]・受講申込書 [PDFファイル/448KB]

  電子メールの場合・・・アドレスgfbosai[アット]gifu-u.ac.jp ※[アット]を"@"に直してください。
  FAXの場合・・・FAX番号(058-293-3891)
  郵送の場合・・・宛先〒501-1193 岐阜市柳戸1-1 岐阜大学内 清流の国ぎふ防災・減災センター

6.その他

 申込に際しては以下のファイルを必ずご覧ください。


 【よくある質問】

Q1:防災士の認証登録に必要な救急救命講習は、この講座を受ける前に受講しておく必要がありますか?
A1:講座の後でも構いません。ただし防災士認証登録には救急救命講習の修了証のコピーが必要になりますので、防災士試験に合格した後、(修了証が無い場合は)認証登録申請を行う前に救急救命講習を受講する必要があります。

Q2:防災士の認証登録に必要な救急救命講習はどのようなものがありますか?
A2:消防署が行っている「普通救命講習IまたはII」や、日本赤十字社の「救急法基礎講習」などが該当します。詳しくは(特非)日本防災士機構のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 

過去の募集・お知らせ



 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>