ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

家畜保健衛生所とは

 家畜保健衛生所(かちくほけんえいせいしょ、略称:家保〔かほ〕)は、家畜保健衛生所法(昭和25年3月18日法律第12号)により地方における家畜衛生の向上を図り、もって畜産の振興に資するために、都道府県が設置する必置機関です。
 岐阜県には4つの家保(中央・中濃・東濃・飛騨)が設置されています。
 庶務や経理などを担当する事務職員の他は、所長を含めて「家畜防疫員」と呼ばれる技術職員で、全員獣医師免許を持っています。

主な業務:家畜保健衛生所法より

  1. 家畜衛生に関する思想の普及及び向上に関する事務
  2. 家畜の伝染病の予防に関する事務
  3. 家畜の繁殖障害の除去及び人工授精の実施に関する事務
  4. 家畜の保健衛生上必要な試験及び検査に関する事務
  5. 寄生虫病、骨軟症その他農林水産大臣の指定する疾病の予防のためにする家畜の診断に関する事務
  6. 地方的特殊疾病の調査に関する事務
  7. その他地方における家畜衛生の向上に関する事務

その他に、適正な獣医療、動物用医薬品の供給を図るための動物診療施設や動物用医薬品販売業者の監督指導を行っています。

各家畜保健所へのリンク

<外部リンク>