ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

尾元遺跡(おもと)

所在地

揖斐郡揖斐川町徳山(いびぐんいびがわちょうとくやま)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代、古代

調査区全景写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調査区全景

 

 

 

 

発掘状況

 縄文時代の集落跡と平安時代の水場遺構(みずばいこう)が見つかりました。縄文時代前期には竪穴住居跡や土坑墓などがあり、ここで定住生活を送っていたことがわかりました。土坑墓の中には、装身具(そうしんぐ)や土器が副葬(ふくそう)されていました。

墓跡

 

 

 

 

 

 

 

 楕円形の土坑墓です。頭の位置に土器片がまとまって出土しました。

 

 

墓跡

 

 

 

 

 

 

 細長い楕円形の土坑墓です。頭の位置から土器片がまとまって出土し、けつ状耳飾(じょうみみかざり)も見つかりました。

 

 

竪穴住居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 竪穴住居跡です。

床面には石皿(いしざら)が2個置かれていました。

遺跡紹介に戻る