ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

徳山陣屋跡(とくやまじんや)

所在地

揖斐郡揖斐川町徳山村平(いびぐんいびがわちょうとくやまむらだいら)

地図(外部サイト)

時代

中世から近世

 

調査区全景1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査区全景

 

 

 

 

発掘状況

 旧本郷集落にあり、中世を中心とする13棟の掘立柱(ほったてばしら)建物跡と多数の土坑(どこう)を確認しました。数千点に及ぶ中近世陶磁器や銭貨・釘などが出土しました。

中世の屋敷跡1

 

 

 

 

 

 中世の屋敷跡

 

 

 

 これは中世の屋敷跡の一つです。付近には庭園と考えられる遺構もあり、徳山氏の屋敷跡の可能性も想定できます。

 

土坑

 

 

 

 

 

 丸碗(まるわん)や擂鉢(すりばち)などが多く出土した土坑

 

 

 

 焼けた土の固まりや炭化物を含む土の中から、たくさんの中近世陶磁器が出土しました。

 

遺跡紹介に戻る