ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

岩井谷遺跡(いわいだに)

所在地

揖斐郡揖斐川町春日美束(いびぐんいびがわちょうかすがみつか)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代

 

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 縄文人の祭祀

 意識を紐解く

 

 

 

 

 

発掘状況

 揖斐川の支流粕川(かすがわ)の上流部に立地し、竪穴住居跡(たてあなじゅうきょあと)7軒・立石遺構などを確認しました。縄文土器・石器・土偶(どぐう)・石棒(せきぼう)が出土し、縄文人の生活や祭祀に対する意識を解明する多くの資料を得ることができました。

2号住居

 

 

 

 

 石囲い炉の礫が抜き取られた2号住居跡

 

 

 

住居内の遺物

 

 

 

 

 

 

 

 

 住居跡内の遺物出土状況

 

 

 

ミニチュア土器

 

 

 

3個体が重なるミニチュア土器

 

 

 

 ほかの土器に比べて小さい土器が3個体重なり合って出土しました。おそらく、祭祀的な意味で埋納(まいのう)されたものと考えられます。

遺跡紹介に戻る