ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

南青柳古墳(みなみあおやぎこふん)

所在地関市下有知(せきししもうち)

関市下有知(せきししもうち)

地図(外部サイト)

時代古墳時代

古墳時代

遺跡近景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中濃地域の首長墓

 

 

 

発掘状況

 南青柳遺跡内の尾根の頂部で直径19.7mの円墳を確認しました。この古墳の南側には「造り出し」と呼ばれる、四角い祭壇のようなものが造られています。鉄剣・鉄刀・須恵器(すえき)などが出土し、5世紀後半頃にこの地域をおさめた人の墓と考えられます。
中心には墓穴があり、鉄製の剣と刀が出土しました。西側は盗掘されていましたが、そこには短甲(鎧の一種)などの破片が残っていました。

 

主体部

 

 

 

 

 

古墳の主体部(鉄剣・鉄刀出土状況)

 

 

主体部の図

 

 

 

 

 

 

 

 古墳の主体部(鉄剣・鉄刀出土状況)実測図

 

遺跡紹介に戻る