ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

一本杉・茶屋下・改田遺跡(いっぽんすぎ・ちゃやした・かいでん)

所在地

美濃市極楽寺一本杉・茶屋下・改田(みのしごくらくじいっぽんすぎ・ちゃやした・かいでん)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代、中世〜近世

遺跡近景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 調査区全景

 

 

発掘状況

 この地は谷地形のため、自然流路が多く見つかりました。江戸時代に粘土を採った痕跡(こんせき)や、低湿地(ていしっち)を水田に開発した痕跡などを確認しています。

土坑

 

 

 

 

 

 

 

 

 縄文時代早期と考えられる土坑(どこう)です。そのなかから石器が見つかりました。

 

 

 

石列

 

 

 

 

 江戸時代の石列です。水田と畑の境を示すと考えられます。

 

遺跡紹介に戻る