ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

榿ノ木洞遺跡(はんのきぼら)

所在地

関市下有知(せきししもうち)

地図(外部サイト)

時代

 古墳時代から近世

 遺跡近景

 

 

 

 


 

 

 丘陵裾部に広がる集落と水田



 

発掘状況

 関市北部の丘陵地に立地し、水田部と丘陵部に分かれます。水田部では、溝・水田部などを確認しました。このうちの1条の溝には、古墳時代の梯子(はしご)が橋としてかけられていました。
丘陵部では、竪穴住居跡を、20軒確認しました。重なってみつかった住居跡もあり、この集落が長い間続いていたことがわかります。

 

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 丘陵部遠景

 

 

 

住居跡

 

 

 

 

 重なり合う住居跡

 

 

 

 

はしご 

 

 


 

 橋として利用された梯子

 

遺跡紹介に戻る