ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

冨田清友遺跡(とみだきよとも)

所在地

美濃加茂市下米田町則光(みのかもししもよねだちょうのりみつ)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代、古墳時代、中世、近世

 

遺跡全景1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 遺跡全景

 

 

発掘状況

 飛騨川の高位段丘面に縄文時代早期の竪穴住居跡や煙道付炉穴(えんどうつきろあな)、古墳時代の竪穴住居跡、中世の建物跡などが見つかりました。

建物跡

 

 

 

 

 

 中世の建物跡

 

 

 

 建物の柱穴が多く見つかりました。柱の根元が残っているものもありました。

 

炉穴

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 煙道付炉穴(縄文時代の調理施設)

 

 

 

 

 

 

焚き口には川原石が置かれ、周囲は赤く焼けています。煙を出した穴も見えます。

 

遺跡紹介に戻る