ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

大坪遺跡(おおつぼ)

所在地

美濃加茂市蜂屋町(みのかもしはちやちょう)

地図(外部サイト)

時代

中世

掘立柱建物跡

 

 

 

 

 

 

 

 

 山裾の掘立柱建物

 

 

発掘状況

 美濃加茂市中部の丘陵端部に立地し、直径30〜50cmの穴が164墓・溝4条・1辺2mの方形土抗1基などがみつかりました。このような場所にも多くの建物があったことがうかがえます。

 

土坑

 

 

 

 

 方形土坑
 

 

 

 岩盤を掘り込んで造られた1辺約2mの方形土抗です。北東部分には石の集積がみられ、底面は平坦です。小型住居の可能性もあります。

 

 

柱穴

 

 

 

 

 柱穴(上から)

 

 


 直径20cmほどの木の柱が残っている柱穴です。この柱を安定させるため、下には石が置かれています。

 

遺跡紹介に戻る