ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

針田遺跡(はりた)

所在地

美濃加茂市下米田町(みのかもししもよねだちょう)

地図(外部サイト)

時代

弥生時代から中世

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 

 

 

綿々と続く古代集落

 

発掘状況

 飛騨川の左岸段丘上に立地し、カマドを伴う竪穴住居跡を50軒確認しました。土師器・須恵器が出土し、住居の多くは重なり合ってみつかっています。当時から人々にとって住みやすい場所だったのでしよう。
この住居跡の3つのコーナーからは完全な形の土器がかたまってみつかりました。甕(かめ)の中からは器台と鉢が出土しています。一括資料として大変興味深く、祭祀(さいし)に関わるものと考えられます。

 

住居内土器出土状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残りのよい土器が多く出土した42号住居跡

 

 

出土した土器

 

 

 

 

 

 

出土遺物

 

遺跡紹介に戻る