ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

深渡A地点遺跡(ふかとえーちてん)

所在地

美濃加茂市下米田町西脇(みのかもししもよねだちょうにしわき)

地図(外部サイト)

時代

中世から近世

 

遺跡遠景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調査区全景

 

発掘状況

 屋敷地(やしきち)を区画するために掘られたと考えられる、室町時代の片薬研堀(かたやげんぼり)による溝跡が見つかりました。また、江戸時代後半に作られた排水のための暗渠(あんきょ)も見つかり、長い時代にわたって土地が利用されていました。

 

区画する溝

片薬研堀による溝は長さ89m、幅0.5mから3mで、調査区の東(写真の左側)に続いています。

 

溝の断面

溝は写真の左(西側)がほぼ垂直に切り立ち、写真の右(東側)が緩やかな傾斜をしているので、片薬研堀といいます。

 

暗渠

暗渠には、南北に長さ53m、幅0.8m、深さ0.6mにわたり、川原石がぎっしりと詰つまっていました。

 

遺跡紹介に戻る