ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

中野大洞平遺跡(なかのおおぼらだいら)

所在地

飛騨市古川町中野(ひだしふるかわちょうなかの)

地図(外部サイト)

時代

縄文時代から古墳時代

遺跡近景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮川左岸の段丘と扇状地に広がる集落

 

 

発掘状況

 中野大洞平遺跡は、飛騨市古川町中野の緩やかな緩斜面に位置しています。平成18年度は、380m2の調査をして、縄文時代中期の竪穴住居跡1軒、弥生時代末〜古墳時代中期の竪穴住居跡1軒、弥生時代後期の方形周溝墓1基、陥(おと)し穴状遺構1基を発見しました。

 

方形周溝墓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

方形周溝墓の平面形は方形、周溝は四隅が切れていました。

方形周溝墓は8m×9mの長方形で、周溝は深さ15cmから20cm、幅50cmほどで、周溝からは、弥生土器の破片が出土しました。

 

竪穴住居

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

竪穴住居跡の中央に1.0m×0.7mの石囲炉を発見しました。

また、住居の大きさは3.2m×3.8mの四隅が丸い長方形。住居内から磨製石斧(ませいせきふ)5点や縄文土器の破片、石鏃(せきぞく:やじり)が出土しました。

 

遺跡紹介に戻る