ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

開拓地B地点遺跡(かいたくちBちてん)

所在地

高山市高根町留之原(たかやましたかねまちとめのはら)

地図(外部サイト)

 

時代

旧石器時代、縄文時代

 

発掘状況

発掘区遠景

 

 

 

 

 

 

 

発掘区遠景(北から撮影)

※写真の赤線が発掘区の範囲

 

 

 

発掘区近景

 

 

 

 

 

 

 

 

発掘区近景(南東から撮影)

 

 

 

 

開拓地B地点遺跡は、南方に御嶽山を望む標高1,000m以上の日和田高原に所在する、旧石器時代から縄文時代の遺跡です。今回は遺跡の北西部において調査を行いました。調査では、後期旧石器時代から縄文時代の石器類が出土しました。石器は旧石器時代のナイフ形石器のほか、縄文時代の石鏃もあります。出土した黒曜石の産地推定を行った結果、長野県諏訪エリア産のものと推定されたことから、人あるいはモノの移動が行われていたことが分かります。

 

剥片出土の状況

 

 

 

 

 

 

 

 

剥片出土状況

 

 

 

遺跡紹介に戻る