ナビゲーションをスキップして本文へ

ここから本文です。

保別戸古墳群(ほべっとこふんぐん)

所在地

高山市国府町瓜巣(たかやましこくふちょううりす)

地図(外部サイト)

時代

古墳時代

遺跡近景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丘陵尾根先端に連なる保別戸古墳群

 

発掘状況

 古墳時代前期初頭の方墳(ほうふん)2基が見つかりました。尾根を横ぎるまっすぐな溝が掘られ、溝の中から土師器(はじき)、磨製石鏃(ませいせきぞく)などが出土しました。

 

1号古墳

 

 

 

 

 

1号古墳全景

 

1号古墳は盛り土が残り、木棺の痕跡も確認しました。弥生時代の墓に似て墳丘は低く小規模です。

 

 

主体部

 

 

 

 

 

1号古墳主体部完掘状況

 

墳頂部(ふんちょうぶ)で墓坑(ぼこう)が見つかりました。埋葬方法は木棺直葬(もっかんじきそう)だったと思われます。

 

 

土器出土状況

 

 

 

 

 

土器が出土した状況です。

 

遺跡紹介に戻る